トップ>俊のつぶやき

 

第809話

〜 真鱈 (マダラ) 〜

2014/12/25

 今が旬 真鱈が届く。

 友人のMさん、時化が治まり次第、船を出すと言っていた。数日前に海が凪ればマダラの白子(タチ)を食べさすからと一本持ってきた。

 新鮮その物、体調74cmもあり7年生くらいか。私はガラ汁が好物である。白子のポン酢、胆は鍋に身はフライとあますことなく食べる。同居人、台所で一時間ほどかけ大立ち回り、腹を割くと見事な白子と胆がはいっていた。

 今夜は鱈鍋、いよいよ本格的な鍋シーヅンとなったようだ。

 

 

 

 


第808話

〜 トリッパ(もつ鍋) 〜

2014/12/23

 トリッパ(モツ鍋)を食べる。

 札幌からモツが届いた。白石区の「お肉のアトリエ・トリッパ」

 今夜はモツ鍋と同居人が台所に立っていた。私が家に戻るなり、彼女このモツ臭みがないと臭いをかんで私の鼻先に持って来た。

 我が家のモツ鍋、具材はスーパーで調達。何回か鍋にするが臭みがあり、毎度裏切られる。

 この具材、モツ独特の臭みが無くとにかく美味いの一言でした。

 肉にこだわりをもつ息子と彼女、今夜は大満足のよう・・。

 

 

 

 


第807話

イタリアの香り

2014/12/20

 イタリアの香り・・ピッツァの香りではない。

 昨夜ロビーコンサートに出向く。 

 北方民族博物館 ロビーコンサート2014
 =青少年のための室内楽の夕べ=
     「イタリアの香り」
 主催 一般財団法人北方文化振興協会
    一般財団法人山田記念青少年育成財団

    札幌交響楽団 弦楽四重奏

 さほど音楽好きでもない私・・ここ数年この会場に訪れる。田舎ではなかなか聴けない札響。実は訳ありでこの協会の評議員で案内書が届くため行くようになった。

 クラッシックはチョット好きで240曲ほど持っている。中でも弦楽器が好きなようだ。

 会場では、友人・知人が多くみられ毎年楽しみにしている常連の年配者がほとんど。子供は数人といったところか。

 同居人の友人のりちゃん、今年も顔を合わす。彼女も常連組の一人でもある。

 市川ヴィンチェンツォさん(イタリア人)のMCをまじえ素晴らしい演奏を聴く事が出来ました。弦楽四重奏・・癒され過ぎるほど癒されて眠りに入りました♪♪♪。

 お付き合いで同行してくれた同居人も、大満足をしたよう♪♪。

 

 

 

 

第806話

〜 その後・・・〜

2014/12/19

 暴風雪も治まり道路通行止めも解除される。

 今日は市内全体が除排雪に追われ雪捨て場は混乱していたようだ。昨日から除雪のオーダーで満杯。社会福祉協議会ケァハウス構内除雪の依頼があり断るに断れない・・。監事としてメンツもあるので、配車担当にごり押しで配車させる。早朝、現地に行くと2台の重機稼働で作業が終えていた。

 さて、今度は自宅の玄関前の雪の処理である。同居人、雪をかき上げないと投げ場がないとクレームが入って入る(汗)。

 都合よく常務から連絡がはいる。重機移動中なので途中寄って除雪しますかとグットタイミングで除雪をしてもらう。

 お陰で我が家でもメンツがたったぁ(笑)。

 

 

 

 

 

第805話

爆弾低気圧過ぎ去る

2014/12/18

 昨夜、寝る前にと夜中に除雪をする同居人。早朝除雪車が入ったが一車線のみである。

 昨日、私の車がようやく家にたどり着いたが息子の車は入れずローソンの駐車場に置いて頂いた。

 3年前の暴風雪は風が強かったが、今回は積雪量が多い。一夜空けると所処に車の路上放置で除雪困難となっていた。何時もながら隣のKさんが車庫前を小型除雪機で救助してくれる。その後町内独居高齢者の安否確認を。嬉しい事に隣近所の人達が玄関前の除雪をしてくれているのを見て安心し会社に向かう。

 

 

 

 

 

第804話

爆弾低気圧

2014/12/17

 予報通り数年に一度の猛吹雪となった。早朝出勤に間に合うにと各戸除雪に追われている。

 中心気圧948ヘクトパスカル 最大瞬間風速40〜50 波の高さは最大10メールに達する爆弾低気圧がオホーツクにやってきた。

 市内近郊の国道・道道・市道は通行止めとなり、交通機関バス・タクシーは運休。

 明日早朝から除雪開始となる為にオペレーターは市内ホテルに宿泊の手配をする。

 

 

 

 


第803話

ひつじ

2014/12/14

 選挙の投票を終え郊外にでかける。

 寒波のせいか、オホーツク海は強い風と時化に被われていた。目的地の「北の浜市」で一夜干しを買い求める。歳末の為店内は何時もより混雑して年の暮を感じた。

 帰りには、丘の上の原生牧場に寄り昼食をとることにした。同居人は生ラム(ひつじ)の焼き肉が好物。ところが家で焼くと煙が多い為に、ラム肉はひかえている。

 牧場の上がり口には数種類の家畜を放していた。彼女アッと声を発しひつじだぁーと云うので車を停める。そう言えば来年の干支は「ひつじ」だねと云い寒さに震えながらエサを与えていた彼女。

 店内に入り、ひつじの名前を聞いたらクロちゃんと言っていた。そんな彼女は、生ラム(ひつじ)を二人前ほど食べ、車の中でもうお腹いっぱいと腹をさする始末(笑)。

 どうやら満足な日曜の日のようで家に着くなり昼寝をしている。

 

 

 

 


第802話

手作り バック

2014/12/09

 先日のコンサートのおり、角谷会長の奥さんからプレゼントを頂いた同居人。

 家に戻り紙袋を開けるとバックとメッセージが添えていた。彼女へと、奥様の内助の功に私からほんの気持ちですがバックを作りました・・・・などと綴っていた。この織りは、さき織りだそうです、なんとも気持ちのこもった作品である。

 ボランティアで多くの人との出会いがあり、何事にも代えがたいものだ。

 この御夫婦とは2006−7月からのつき合いで、かれこれ9年目となった(*^。^*)

 

 

 

 

 

第801話

忘年会 突入

2014/12/03

 忘年会シーズンに入る。

 郊外のホテルにて、某委員会の月例会議に出席する。会議終了後は忘年会となった。今日で二回目の忘年会。年末まで後数回の予定が入っいる。

 ★ホテルでのアサリ炊き込みご飯が絶品でした。この写真はホテルのオブジェ・・わかるかなぁ〜。

 

 

 

 


第800話

あばぶろ

2014/12/02

 地元情報発信ブログ「あばぶろ」

 地元の若い人たちが、それぞれ趣向を懲らし情報を提供をしてくれている。

 私(おじさん)は、出不精なのでこのブログ重宝している。地元の方達や網走に訪れた人は必要と思う。

 一度覗いては・・。

 

 

 

 

[46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65]

[66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85]