トップ>俊のつぶやき

 

第769話

〜 ブドウの収穫を終えて 〜

2014/10/05

 今朝は早朝より我が家のブドウを収穫をする。

 昨夜、同居人がデザートと云いぶどうを出してくれた。所々酸味も強いのがあるが甘さの多いのもある。ウンチクを云いながら食べていたが、段々と味に慣れ満足となった。

 彼女に起こされ収穫をする。植えて5年目のブドウ7sほど採れた。これから肥料・殺虫剤を買い求め、お礼肥をしようと思う

 

 

 

 


第768話

見ずらは良くないが 〜

2014/10/05

 友人のハウスを覗く(増子フルーツガーデン)。

 一瞬カボチャかなと思いつつよく見るとメロンだった。今どきのメロン、果樹をネットで覆い吊り下げている。チョット過保護にも思えるが、製品販売の為だろう。ここは自然そのものといった感じである。実は園主に頂き試食をした。感想としては、息子は絶品といい今年のメロンの中では最大級と満足をしていた。彼は赤果樹より緑果樹色を好んでいるようだ。

 このメロン・・・ハネデューメロンなのかな〜
 いわゆるノーネットでネットメロン×プリンスメロンと聞く。果肉色は緑でとにかく甘いがのど越しよく後味がいい。

 この手のメロン、最近ではホテルのデザートに良く出されていると聞く。見ずらよりも中身でした。

 

 

 

 


第767話

文化の秋 〜

2014/10/02

 食欲の秋でもあるが、文化の秋でもある・・。

 今日、市立美術館に足を運ぶ。八月末にふれあいひろばで高谷順子さんに会う。

 偶然、彼女から声をかけてくれた。高谷さんは地元エッセイの会に所属しいる。私は会のエッセイ集を10年ほど前から購読をしていた。彼女の作品を読みながらどんな人なのかと興味を持っていたと告げる。とても素直な作品で好感を抱いているのを記憶に残っていた。

 高谷さんは九月末から、網走市立美術館にて館の友の会会員の作品展が開催するので是非、見に来てと誘われた。

 今日は美術館に向かい、高谷さんの作品を鑑賞することが出来ました。作品はエッセイと同じく彼女の人柄が良く伝わってきました。

 また、時間の都合ができれば私のライブにも来てください♪。

 

 

 

 

第766話

イカ 太郎

2014/10/02

 秋イカのシーズンなんですね〜。

 Mさんから連絡があり荷揚げ場(岸壁)に向かう。三隻ほどの大型船が接岸していて、浜は活気ついていた。

 彼は私の姿を見つけ、若い衆に声をかけ箱詰めのイカを車のトランクに入れてくれた。

 イカ太郎の私、今夜は活きの良いイカに有りつける事が出来ました

 

 

 

 

 

第765話

最近読んだ本

2014/10/01

至高の音楽  百田尚樹 著者
        クラシック永遠の名曲 CD付

 CDを聴きながら読み、読みながらCDを聴く。こんな本は初 めてだ・・。クラシックの好きな方また聴いてみようとする方一読してみては、とにかく詳しい(永遠の0)

 湖底の城(五巻)宮城谷昌光 著者

 五巻目ようやく書店から連絡が入った。

 

 

 

 

 

第764話

オホーツク ブルーと風

2014/09/27

 私は何回かこの欄で紹介している、オホーツクブルーと風。

 いいですねー 和みます 気が晴れます 癒されます

                  (我が家の庭より)

 

 

 

 


第763話

ぶどう

2014/09/27

 庭を見ると、一羽のカラスが柵に停まり何かを物色している様だ。隣で見ていた同居人がぶどう棚に移動したと告げた。

 カラスは横目で私たちを見てすぐに行動を起こし、ぶどうを素早く喰いつばみ、あざ笑うかのように飛び去った。

 二人とも唖然とし顔を見合す・・。彼女、最近は直々来て味見をしているよと、話してくれた。

 園主の私も、庭に出て一粒つまみ味見をしてみたが、まだ完熟にはなっていない。 霜の降りるころにはと思っている・・。

 

 

 

 


第762話

避難グッツと蕎麦

2014/09/23

 今月中に避難グッツを配布しなければならない・・・。

 今日こそはと意気込むが、イベントや研修会そして墓参りと時間を費やす始末。会社に行き配布要領を読む。配布時には民生委員・町内会役員・老人クラブ会長となっている。私はふたつ兼務をしているので老人クラブ会長のNさんに連絡をとりご同行願う。

 Nさん夫婦と会うのは久方振りであった。奥さんは寿大学教養講座に出席をしたと云い講座の話題となる。良かったよとお褒めの言葉を頂いた(汗)。配布も無事終了してNさん宅にもどる。帰りぎはに、Nさんは今日は蕎麦を打つので、仕事の帰りに寄って持って行けと私に告げた。仕事も終わり、私は焼酎を手土産に蕎麦を受け取りに行く。

 今夜はNさんの手打ち蕎麦・・。とろろ蕎麦で頂きました。息子は美味い美味いと二人前を平らげた(笑)。
久方ぶりのNさんの手打ち蕎麦、美味しかったですよ〜。

 

 

 

 

 

第761話

大曲湖畔農園地 大収穫祭

2014/09/21

 今年も賑わう、大曲湖畔農園地大勢の市民が会場に訪れていた。

 屋台も多数出店し地場産の野菜・鮮魚や加工品に殺到をしていた。特設ステージでは盛沢山のアトラクションも行っている。

 私達も一通り覗き歩き、会場で各ホテル自慢の特製弁当を買い求めいただきました。そして、この会場に来て園地の相馬のおじさんに会わなければと、同居人と捜し歩く。昨年、演奏の際おじさんには非常にお世話になった。ケーナの音色が好きだととても気に入ったと以後、親しくさせて頂いている。

 売店の中で、おじさんらしき人が目に入る。傍にいくと、おじさん、特製のイチゴジャム・ラズベリーのジャムを販売をしていた。

 彼女・おじさんと声をかけると目を細め笑みを浮かべていた。そして、彼女は弁当を食べてとおじさんに渡す。数分ではあるが、久方ぶりに会話を交わすことができた。別れぎは、彼女はジャムを買うと云ったら、おじさんが他人行儀なこと言うなとジャムを渡してくれた。

 いつまでも、元気でいて欲しいおじさん。10月の末には又園地で植栽しますので宜しく!

 

 

 

 


第760話

ひまわり ライトアップ

2014/09/21

 昨夜大曲湖畔園地に、ひまわりライトアップを見に行く。

 今年の夜間演奏は野外と聞いた。当初、オカリナ・ケーナであったが、寒さに弱い私は辞退をする。会場に入ると地元プロオカリナ奏者高畠氏が演奏をしていた。

 花畑のライトアップは、昨年から比べれば数段映えていた。LED電球を使用し夜空を焦がし綺麗の一言でした。

 

 

 

 

[46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65]

[66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85]