トップ>俊のつぶやき

 

第639話

台風26号 過ぎ去る 〜

2013/10/17

 26号も温帯低気圧に変わり夜半暴風となる。

 早朝、通行止め解除する為に10t除雪専用トラック2台出動する。路線を巡回すると、風による倒木と路面一面木の葉が覆い尽くし清掃・処理に作業は迅速に行っていた。

 その後、海岸沿いに車を走らせ能取美岬に差し掛かる。海上を見渡すと白い大海原となり大時化となっていた。

 私はその光景をしばらく眺め、大自然の猛威に圧倒された。

 

 

 

 


第638話

台風26号 寒気も運ぶ

2013/10/16

 早朝オホーツクも台風26号の余波が訪れた。

 峠は積雪20cmほど積もり初雪となり通行止めをする。陸上は雨と暴風、また海上は大時化で漁網の被害が予想される。

 今朝、雨具を新調し各現場を巡回をする。専用パトロール車はスノータイヤに取り替えたようだ。午後から風が強くなったので公園線に向かう。この路線は倒木が起きやすいので巡回をしたら案の定、木が倒れ道路をふさいでいた。直ぐに担当者に連絡をし除去をする。台風26号はもうオホーツクに入ったようだ。

 夜半からは各路線、異常時巡回パトロールと応急対策となるだろう。

 

 

 

 


第637話

ひまわりの種

2013/10/13

 大曲湖畔園地に向かう。

 ひまわりライトアップコンサートからもう一月が過ぎた。同居人が園地のSさんに頼んでおいた、ひまわりの種を分けて頂く。

 この、ひまわりは花数が多く咲き、珍しいと彼女おねだりをしたようだ。Sさんに種名を聞くと知らないという。種を見ると普通良く見る縞模様の種ではなく黒色で私も初めて見た。

 私は、ひまわりと言えばロシアひまわりとりんぞうくらいなものである。ネットで調べると沢山の種類がある事が知った。そして食用となる種やペット用のエサとなる種。

 彼女、来春ひまわりの種植えするのを今から心待ちをしている様だ。

 

 

 

 

第636話

北海道ならではの

2013/10/10

 網走開発建設部 網走道路事務所 主催

 除雪機械見学会を近郊の小学生児童を対称に開催される。杉本所長は冬季間だけの専用車、普段見ることが少ない。そして道路交通の妨げになる為、夜間・早朝の作業が殆どと話していた。会場ではロータリを始め数種類の除雪機械を展示し、子供たちは担当者の説明に耳をかたむけ、実際に乗車体験をしていた。

 杉本所長は、この体験見学会によって将来一人でも多く除雪事業を理解し携わってくれればと話していた。

 また冬が来る、北海道ならでの光景である。

 

 

 

 

 

第635話

スジエビ(川エビ)

2013/10/06

 近所のHさんからスジエビを頂いた。

 網走湖のスジエビ漁も解禁したようだ。このエビは小型エビで主に佃煮として販売されているようだ。

 私はかき揚げが好物で、今夜の夕食にはスジエビ入りかき揚げが食べれるのが、今から待ちどおしい。

 

 

 

 

 

第634話

はなてんと

2013/10/06

 施設見学会は水鳥センターからフロックスの丘により「はなてんと」に向かう。

 ここは知名度が高く駐車場には観光バスが数台駐車をしていた。この花畑は市民参加型で各企業が花を育てている。目を奪われるほど素晴らしく絵本の中にいるようである。

 例年、各企業や協議会の方達が手塩をかけ育てた花守り。

 花はほころび、訪れた人たちに癒しを与えていた。

 

 

 

 


第633話

濤沸湖 水鳥センター

2013/10/06

 第三民児協 施設見学会に参加をする。

 先週この施設でコンサートを終えたばかりでである。出発前に連絡し室内案内と視聴覚室でのビデオ放映そして野外での水鳥・野草ガイドを依頼する。

 案の定、会員たちは私同様初めて訪れたようだ。見学を終えバスのなかでの会話は、景観・施設が素晴らしかったと称賛していた。このように、まずは地元の人達が体験し少しでも多くの人達に訪れることを願う

 

 

 

 


第632話

落葉きのこ

2013/10/05

 美幌の工事現場に向かう。

 今日の作業は法面上に育った樹木伐採をしていた。植栽した訳でもない、風が種を運んだのだろう。樹齢十数年ほどのカラマツが密集している。施工区域なので除去をしなければならない。

 切り株を見ると「落葉きのこ」が周辺に頭を出していた。自生した「落葉きのこ」を見るのは私にとっては十数年ぶりである。以前はよく採って食べたが、落葉の葉を取るのが大変と同居人が愚痴った記憶がある。

 その後「落葉きのこ」がブームとなりスーパーに売り出されるようになる。専門に採る人がいて、昔のように採る穴場がなくなった。このきのこは同居人の大好物でもある。少ないが醤油漬けや大根おろし和えやみそ汁の具と考えあぐんでいるようだ(笑)。

 

 

 

 

 

第631話

デジタル カメラ

2013/09/26

 コンサート時に同居人はカメラマンとなる。

 最近、写真の映りが悪いと彼女が言った。会場で映して確認をするが、他の人の写真を見ると画像がすごくきれいだとぼやく。

 考えて見ると我が家のカメラは年季が入っている。

 日曜の日、彼女を伴いカメラ店に行く。店員さんにカメラの用途を予め説明をする。

 コンサート時において、室内・夜間・ライトの障害あり。日中はステージが逆光となる事もある。以上踏まえてカメラの選定をしてもらう。

 SONY DSC−RX100 2020万画素を購入する。

 次回のコンサート「ケーナ演奏会in北浜」9/28(土)に出演するが、さて同居人撮影結果はいかに?(汗)

 

 

 

 


第630話

カボス

2013/09/25

 今年も大分のOさんからカボスが届いた。

 例年友人たちにお裾分けをする。薬味にに使う人、またカボスを見てニヤッとするご主人(焼酎にと)さまざまである。

 Nさん、カボスをいただくとサンマの時期ですねと言い喜んでくれる。

 サンマ・カボス何れも北と南の旬で味わえる秋となりました。

 

 

 

 

[46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65]

[66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85]