トップ>俊のつぶやき

 

第629話

秋の交通安全 〜

2013/09/24

 予てから予定している「秋の交通安全」啓蒙に参加する。今日は何時もより参加者が多い。

 先日交通事故死が発生し尊い命をなくす。急きょ安全運転管理者協議会から連絡がはいる。夕方五時から一時間、会社前でパトライト(赤色灯)実施の依頼をうけた。

 社員には特に通勤時での交通安全を心かけるよう訓示する。

 

 

 

 


第628話

明日は秋分の日

2013/09/22

 明日は秋分の日、一日早いがお墓参りに行く。

 準備をし昼前にと墓地へ向かう。潮見墓地は同居人の実家の墓がある。三人とも予想をした通り、お参り家族は数人と少なかった。お参りも終わり桂墓地に行くとこちらは駐車場が満車となっていた。道路向かいの競技場の駐車場も空きがない。

 先祖思いが多いのかなと思ったら、突然アナウンサーの声が耳に入ってきた。何の事はない、競技場での大会が開催され墓地の駐車場まで占領しているのだ。仕方がないので、息子に路上停車を頼みお参りする始末となった。

 早朝からの小降りの雨も止み、陽も照りだしオホーツク海を眺めながらの穏やかなお参りとなりました。

 

 

 

 


第627話

F ひまわり畑 ライトアップ

2013/09/16

 満天のひまわり150万本

 早々とコンサート中止の連絡が入る。

 全道的に今日も雨模様。朝から路線を見まわり昨日の被害状況を聞き取りをする。台風18号各地に多大な被害をもたらしている。 今北海道太平洋を通過し温帯低気圧となる。これから強い雨そして強風と予報が入った。

 昨日の雨での中止は良いとして、最終日の今日の中止は残念でもある。 チョット肩透かしを食らったよう。毎夜一生懸命に演奏をしているが、今日が最終の演奏となれば気合の入りも違う・・・。なぜかケジメをつけないで終わったようで気落ちした。

 だが、昨年は四日間そして今年は五日間もの演奏ができ、私にとっては大変貴重な体験をさせて頂いた。

 観光客との「ふれあい」と、ささやかではあるが「おもてなし」をし、目一杯観光あばしりをアピールすることができました。

 また、主催である市観光課スタッフの方達には毎夜温かい言葉をかけて頂いた事が、励みとなり頑張る事ができました。

 そして、何時もながら支えてくれる稲ちゃん(PA)同居人のお陰で良い演奏もでき、本当に有難うございます!。

 

 

 

 

第626話

E ひまわり畑 ライトアップ

2013/09/15

 満天のひまわり150万本

 昼に市観光課長から連絡が入る。雨天のためにライトアップ中止と言う事でした。

 今日はイベントが他にも開催している。フラワーガーデンはな・てんと、そして道立オホーツク公園で恒例の大収穫感謝祭。イベント会場での踊り・吹奏楽、縁日・屋台・焼き肉コーナと盛沢山の行事となっている。

 ところが、昼直前からの大雨により来訪者少なく行事短縮をした

 ライトアップの方は、余りにも早い中止との決断で正直戸惑った。 今日は日曜日なので事前に友人・知人に来て貰うようにお願いをしていたのに・・・。PAの稲ちゃんにも中止の連絡をとる。昨夜、今日の天候は日中雨でも夜には回復と予想し気合を入れていた彼も残念がっていた。

 私も気を取直し、友人・知人に中止の連絡をとる・・・。

 

 

 

 

 

第625話

敬老の日

2013/09/15

 明日16日敬老の日。 15日ではあるが今日、記念品を配ることにした。

 前日、事務局長と打ち合わせをし午前11:30からと決めていたが同居人の作品も用意できたので1時間早めて配布を始める。

 今日は曇りで雨模様、三人でまわり該当者一人一人に体の健康状態などを聞き取りながら手渡した。

 何時もながら、同居人の作品(陶器)が喜ばれているようだ。中には今回は何かなと楽しみにしている人も多い。

 毎年同居人の配慮により私は町内会長としての面目がたっている。(感謝々)である。

 配り終えると、バケツでまいたような大雨となった。

 

 

 

 

 

第624話

七福神まつり

2013/09/08

 第21回 あばしり 2013 七福神まつり 開催

 7日・8日と(土日)商店街アプト・フォーにて歩行者天国

 全国各地うまいものフェア物産・ステージイベントでは歌謡ショー、お笑いトークショーと芸人さんが6名と地元のサークルなど歌や踊り、吹奏楽と多くの出演者。また子供向けのゆるキャラ広場では撮影をし楽しんでいたようだ。

 うまいものでは、仙台市の炭焼き牛タン・広島市お好み焼き・東京都北島のメンチカツ・宇都宮市ぎょうざ、その他神奈川県(厚木市)長崎県(雲仙市)沖縄県(糸満市)と網走市民は列をなし買い求めていた。

 

 

 

 


第623話

ふれ愛ひろば網走 2013

2013/08/25

 例年開催されている「ふれ愛ひろば網走2013」会場エコーセンター2000に向かう。

 交流を通じてお互いが認め合う「共生のまち」を目指すまちづくりイベント。

 イベント会場では、よさこい バンド演奏 吹奏楽演奏とその他多くのジャンルで障害のある方や支援者たちによるイベント。

 体験交流では車いす体験 手話体験 竹とんぼつくり 昔遊びとその他多数。

啓蒙・PR会場は赤い羽根共同募金 ドナー登録 オレンジリボン運動 など多数。

 販売は焼き鳥 カレー うどん 焼きそば 野菜 衣類 陶器とこちらも多数あり団体活動の資金となる。

 同居人たちは陶器販売で担当時間まで私は例年付き合っている。

 会場内は友人・知人が多く買ってと声をかけられ、義理買いをしなければならない。自身のコンサートには駆けつけて頂いている人たちが多いため(汗)。

 出かけ前に友人の増子さんが、もぎたてのとうきび(トウモロコシ)を届けてくれた。彼女、今年は会場で買わなくてもいいねと言ったが結局は10本ほど買う羽目になり陶器販売に良かったらと茹でとうきびを置いてゆき、またお菓子類は別の販売場所に食べて頂き小さな奉仕を行っている。

 今年は雨交じりの悪天で昨年の来訪者2000人には満たないようだ

 

 

 

 


第622話

山の水族館

2013/08/17

 今回のもう一つの目的は、山の水族館を見る事である。

 最近、報道に取り上げられ一度は見たいと同居人と話していた。

 余裕を持って見るには宿泊が必要。予定一週間前で温根湯温泉郷は何処のホテルも満室であり無理な要求でもある。困り果てオホーツク圏観光連盟に寄りS嬢に相談をする。大江本家に連絡を取ってくれた。彼女、折衝上手で部屋の予約が取れ感謝々おまけに素晴らしい部屋で私は同居人に対し十分に面目が立ました(笑)。

 さて、とうの水族館。人気があり家族連れの客が開館まえ行列となっていた。

     北の大地の水族館

 滝つぼを見上げると 銀色に輝くいのちのきらめきが

   川面が凍りつく北の大地の厳しい冬には

   川底で耐え抜く北のいのちのたくましさが

    巨大な水塊となった青い湖底にっは
   
   1mを超える北の大魚イトウの美しさが

             (水族館資料より)

 観に行ったかいがありました。興味のある方は一度訪れては

 

 

 

 

 

第621話

大空と大地のなかで

2013/08/16

 本別町から足寄大誉地に向かう。

 ここにも縁者(叔母)達が住んでいる。ここは元代議士鈴木宗男氏の出身地でもある。叔母の家の周りは、見渡す限り草原(牧草地畑)で畑作はしていないらしい。

 育成牛(他人の牛を育てる)をしている。牛は150頭ほど放牧し大半は福島県の牛だと話していた。人間に例えれば中学生位の牛を育成し人工授精をして送り渡す。

 草地を見ると千春の「大空と大地のなかで」その物で広大な景色を眺める事ができた。

 帰りには叔母が育てた新鮮な野菜を今年も頂いた。

 

 

 

 


第620話

十勝豆工房 岡女堂本家

2013/08/15

 演奏も終了し、従弟の家に向かう。足寄は3軒でそれぞれ立ち寄り近況の話をし会話が弾む。中には10日ほど前網走に足を運んでくれた従弟もいる。

 今回の目的の一つは、今夜泊まる本別町にある「岡女堂」に行きお土産を買う事である。先ずは物産展により、その後十勝豆工房 岡女堂本家に向かう。十勝は豆栽培が盛んで、小豆「十勝おはぎ」で名が売れている。それに伴い名菓も多い。

 店内をながめ、甘納豆・羊羹と多くの品物が陳列し甘党の私は目移りがする。

 同居人と私は友人たちへの土産を買い求めた。

 

 

 

 

[46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65]

[66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85]