トップ>俊のつぶやき

 

第609話

手打ち そば

2013/06/23

 昨日、友人のNさんに毛ガニのお裾分けをした。

 Nさんに逢うのは久方ぶりである。相変わらず、趣味の切手整理に余念がない。そんな訳で、話し相手は殆どNさんの奥さんと会話する。

 夕方、蕎麦を打ったから取に来いと連絡が入った。今日は久しぶりに、Nさんの打った蕎麦を味あう事ができました。

 因みに器は同居人の作品で、強制的に書き込みされました(汗)

 

 

 

 


第608話

カニの泡吹き 〜

2013/06/23

 毛ガニが届いた。

 早朝にあげたという・・・。ほとんどのカニは、まだ生きているようだ。カニも陸に上がり、どうやら酸欠状態となり「カニの泡吹き」が始まった。

 子供のころキャンプ行き磯辺でカニを採り、泡吹きを見た事を思い懐かしさを感じた。

 

 

 

 


第607話

環境美化

2013/06/19

 早朝より大曲湖畔園地に向かう。

 植樹の下草刈り。昨年は刈り入れ時期が遅く草の背丈が80cmほど伸び刈り取に苦労をした。植栽も4年続けて行い、刈り入れ面積が年々増え3000m2を超えている。

雑草の伸びは4・50cm程で、昨年よりは楽だ。中には枯れている木もあり、また根元に若芽のあるものは剪定をした。

 今日は久方ぶりに外で過ごす事ができ、清々しい一日であった。

 

 

 

 

第606話

プルーン

2013/06/08

 プルーンの苗木を植えて今年で三年目。

 当時、同居人・植えても世話はしない、庭が狭くなると猛反対。なるほど、買っても一向に植えない私。結局、彼女が植えた(汗)。

 プルーンは彼女の大好物、我が屋で採収できればと。今朝、庭を見ながらプルーンの花が今年も咲かないのかと肩を落とす。彼女は庭から戻り、小声で咲いている・咲いていると耳元でささやいた。

 よぉーく見ると、頼りげなく小さな花が咲いている。数えて見ると30ほど咲いていた。今年は実が付くのか分からないが、あと二年も経てば実が付けばと願う・・・・。

 

 

 

 

 

第605話

春カニ合戦

2013/05/28

 日曜の日、街のイベント「春カニ合戦」が模様された。

 旬である春漁のカニを使う料理コンテスト。地元出身の「南極の料理人」西村氏カニを使った新レピシも紹介されたと聞いた。市内料理店、ホテルの料理人さん7名で競ったと報道された。

 偶然にも、その日カニが届いた。当然、我が家も「春カニ合戦」となった。(笑)、先ずはカニのボイル、カニ玉そして定番のカニ飯である。

 カニ飯はGOODでした。

 

 

 

 

 

第604話

ようやく咲いた 木蓮

2013/05/26

 今日は日中気温が20度を超えた。

 我が家の木蓮もようやく咲き、今日満開となった。昨年は5月3日と20日以上遅れの開花となりました。

 低温の春、これからは徐々に温かくなる事だろう。

 

 

 

 


第603話

new 管

2013/05/21

 待ちに待ったnew管が届いた♪ 「めんちくのケーナ工房」豹紋竹 A管  女竹古材 F管 を購入する。

 現在使用のF管、女竹材で肌がきれいな為に指孔周辺が手油で浸み込んでいる。今回予備用と製作をいらいする。まだ吹きこなせてはいないが音量良しである。

 また、現在使用のA管もF管以上の疲労が出ている。豹紋竹、野生間に満ち溢れ吹くと鋭く鳴いてくれる。

 製作者の思いに応えるよう精進をと。

 

 

 

 


第602話

花見会 満開

2013/05/19

 今日は町内会の花見。

 会場は何時もの原生牧場。店内に入ると市内町内会で満席のよう。我が町内会も例年通り参加者の集まりが良い。感謝々である。ようやく天気も上向きの様。桜はまだ蕾みで気温が上がれば二〜三日で開花するであろう。

 そんな訳で市内いたる所で花見会が満開となったようだ。会のほうは、会員一同和気藹々とし帰りの時間を忘れるほど楽しんでいた。

 

 

 

 

 

第601話

町内 粗材ゴミ収集

2013/05/12

 今朝は雨模様。

 早朝から電話での問い合わせが多数入る。今日は恒例の町内粗材ゴミ収集日。あいにくの雨模様のため予定通り行うかの問い合わせである。事務局長のOさんには、来週も予定があり何とか決行しょうとその旨を伝えた。

 多少の雨ではあるが、時期止むだろうとMさんを連れ会社のトラックを回送する。天候が悪いのか例年二回搬出するが今年は一回で終わった。今回も多数の会員が参加して頂いた事に感謝したい。

 数少ない町内会行事ではあるが、それぞれの方達が和気藹々としコミニケーションの場となりました。

 

 

 

 


第600話

春がきた

2013/05/06

 今日5日は少し気温が上がった。

 予報では日中8度と云う。息子は早朝札幌に向かったらしい。我々は北見市に行く事になった。別段目的はないが、たまにはデパートにと同居人のお供。

店内を1時間ほど見て歩き、それぞれが品物を買い求める。私はコンサート用のジャケットとシャッを買い店内の食堂に入る。彼女は久方ぶりの蕎麦を食べご機嫌のようだ。思いのほか美味しかったと車中で話していた。網走に近ずき郊外は雪も融け秋まき小麦が緑色のじゅうたんの様で、目をたのましてくれている。

途中車を止め、小麦畑と網走湖眺めると風が春の匂いを運んでくれてとても心地良い。  春がきた

 

 

 

 

[46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65]

[66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85]