トップ>俊のつぶやき

 

第519話

〜 市民文化フェスティバル 〜

2012/02/19

 陶芸作品展示会 場所 エコーセンター2000

 2月16日(木)〜19日(日)

 参加団体 陶芸エコー9団体、一般・個人4団体

 今日は同居人のお供で会場に行く。最終日とあって会場は人で埋め尽くされている。とは言っても、殆どの人は作品の持ち主である。展示場所に行くと、同居人のサークルの人達がいて挨拶を交わし作品の説明を受けた。

 私の演奏会やボランティアに長年協力して頂いている、紀ちゃん、能登さん、山本さんの三人組の作品は特に素晴らしい。性格そのもので、優しさ、思いやり、明るさが作品に表れていた。

 

 

 

 

第518話

沖合に流氷が・・

2012/02/17

 ケーナマンさん、今日隣町(旧常呂町)に行きました。

 流氷を見に行ったのではありません。実は常呂河口(常呂川)で工事施工中なので安全パトロールに行きました。この地区は、カーリングの盛んな街で多くのオリンピック選手が出ております。今はソチオリンピックを目指しています。

 現場に着き沖合を見ると流氷が見えたので撮影しました。導流堤が氷に覆われて先端部に取り付けてある灯台も氷漬けとなっています(寒)。日中気温はマイナス13度ですよ。

 ケーナ製作、そして「三木山フォルクローレ音楽祭」出演と良いですね〜。頑張ってくださいね!

 

 

 

 

 

第517話

〜 インフルエンザ?

2012/02/12

 ここ網走でもインフルエンザがまん延している。報道では少・中・高学校が休校または学級閉鎖となっている。

 会社でも職員(隣合わせ)二名がインフルエンザとなり休んでいる。そのことを踏まえ職員に健康管理を十分にと言ったが。金曜の朝どうも咳が出る、取りあえずマスクをし会社に出かけた。だが咳は一向に収まらない。この数年風邪はひいてはいない。感染の恐れがと、一人の職員が社長帰って下さいと言う始末である。

 私は事務所を抜け出し二階の部屋に移ったが、一向に咳が止まらないので止む無く早退をした。

 病院嫌いな私、同居人今なら間に合うと、強制的に病院に行かされた。熱は37.6度と医者はインフルエンザの検査をと言われ検査をすることにした。
結果は陰性となったが、医者はかかり始めだからとチョイと脅す。私は、それではと、インフルエンザ用タミフルを調剤してもらう。

 家に着き熱を測ると、38.3度となっていた。その夜は熱が下がらず最高38.8度まで上がり今朝ようやく37度となりました。

 

 

 

 


第516話

床屋帰りのストック

2012/02/12

 事務所に戻ると、ストックが迎え出た。見るときれいにカットされ床屋帰りのようだ。
 私がいつ戻るかと持ち焦がれていたせいか、大変な喜びようである。そして何時もの様に私が椅子に座るとすぐ膝の上に上がり顔を舐めてくる。ところが今日はマスクをしているのでチョット戸惑っているようだ。

 ストックは何時もとは様子が違うことを察したのか、散歩への要求はしてこない。

 なんとも賢い私思いの犬である。

 

 

 

 

 
.

第515話

新年会

2012/01/21

 昨日、今日と続けて新年会となる。年明け早々新年会に出席し、また後半に新年会が続く。

 今日の新年会は我が町内会主催となる。参加者は例年並みとなり、出席率は高い。我々役員としては有り難い事である。私の挨拶は、毎度の事ながら手短に終わらすようにしている。

 私は料理を前にして長々と話されるのが嫌なので、3分長くて5分と決めている。会は二時間ほどで、各自世間話に余念がない。今年も和気藹々と会を楽しんでくれている。

 また、息子には若い会員を誘って貰い感謝々である。

 

 

 

 



第514話

おーろら号

2012/01/21

 今日は昨日よりも、流氷がまじかに見えた。

 天気もよい、早速道の駅 みなと観光交流センターに向かう。施設に入り沖合を見ると「おーろら号」(流氷観光砕氷船)が流氷のなか航行しているのが見えた。風向きが北西となれば、明日は流氷が接岸するかも知れない。

 駐車場には、大型バスが7・8台待機をしている。これからは大勢の観光客が流氷を見に来ることだろう。

 

 

 

 


第513話

流氷初日

2012/01/18

 17日昨年よりは少し早く流氷が沖合に観測することができた。
 ここ網走オホーツクも、冬本番となる。街では冬のイベントの準備に取り掛かろうとしている。

 先だって、摩周湖線(道々)知床方面清里町に向かう。その日は、我が社で施工した防雪柵設置工事検定を受け引き渡しの日でした。
 早朝快晴となり、現場に着くと知床連峰が見える。特に海別岳が好きな私は、施工個所からの背景として写真を撮る。

 

 

 

 



第512話

吹雪

2012/01/05

 暮れから正月にかけ雪が降り続けている。今日の新年交礼会も吹雪のため、当初二時間予定の会も一時間に短縮となった。

 十年ほど前までは、正月三が日は必ず雪が降っていたものだ。その頃は正月休に出勤し除雪作業を行うので、年前に予めミカンを十数箱買い求め、事務所に置き振る舞いをした事が懐かしい。

 明日は早朝(三時)から除雪作業となるだろう。冬は寒くそして雪が多いと、豊作ときくがそのようになって欲しいものだ。

 

 

 

 



第511話

謹賀新年

2012/01/01

 明けましておめでとうございます!

 本年も宜しくお願い申し上げます

 昨年は、第三作目のCD「風夏草}を五年を費やし、製作に当たり多くの友人・知人に支えられ完成をすることが出来て思い出深い一年となりました。また、慰問コンサート・イベントには21回ほど演奏をさせて頂き各団体関係者の方達には深く感謝をしております。そして、東日本震災地での仮設住宅に住まわれている方からCDを聴きましたと、お礼のはがきを頂き逆に励ましの言葉をもらい感激しました。

 本年も皆様にとって明るい一年でありますようにご祈念申します。

                   管理者より

 

 

 

 

 

第510話

大晦日

2011/12/31

 昨夜から風雪となり、朝起きると除雪車が通ったせいか玄関前は雪で覆われていた。普段は殆ど雪かき(除雪)をしないが休みと言うことで、同居人と雪かきをした。何時もは隣のご主人が小型除雪機で我が家の前も除雪をしてくれている。

 普段早く除雪をしている隣が、今日はまだ除雪をしていない。彼女に聞くと、孫の処に行くと言っていたと教えてくれた。網走もようやく雪が積もり、いよいよ冬本番となった。

 今年も30日に〆飾りなどを飾りつけ元旦には準備万端となった。特に神棚の飾りつけは昨年よりもきれいにな出来栄えとなりました。

 

 

 

 

[46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65]

[66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85]