トップ>俊のつぶやき

 

第479話

外食

2011/05/08

 日曜の夜はしばしば外食になる事が多い。それは、私も息子も休日で時間が取れる。誰と無く今晩は外で食事をしようかと声をかけると、いいねと話が直ぐにまとまる。

 我家の、食事時間帯は義母から始まり帰宅時間によって私、息子とそれぞれで夕飯は3回の仕度となり同居人は大変である。一度切れて、ワタシャ食堂のおばさんではないと言ったことがある。

 なるほど、専業主婦と言えども大変だと思う。ですから、外食の声をかけるといの一番に賛成と協力をしてくれる(笑)。

 そんな訳で、息子と同居人の好物である焼き肉店行く事にした。

 今日は、息子がおごると言う。とりあえずは、お言葉に甘えよと思うが(何か魂胆があるのかなぁ〜)。

 

 

 

 

第478話

木 蓮

2011/05/04

 寒い寒いゴールデンウィークである。

 母の命日には、庭の木蓮が満開となるが今年は寒く5分咲きである。生前母は、この程度の寒さは苦に擦ることなくゲートボールを楽しんでいた事を思い出す。5月3日に、母の三周忌を無事終わらす事ができた。

 来年こそ、命日までに我家の木蓮が満開になって欲しいものだ。

 

 

 

 

 

第477話

田舎そば いの上

2011/05/01

 田舎そば いの上

 営業日 毎週 木・金・土・日

 営業時間 午前11時〜午後2時

 場所 網走市潮見309番地の9

 TEL・FAX 0152−44−3150

 こだわりの、そば屋さん一度は食べてみてください。そばの味は、何年も前から食べていますがとても美味しい!。そして景観が素晴らしい、ほぼ名勝天都山の近くでで大きな庭があります。まるで別荘地の中でのそば店、眼下を見下ろすとオホーツク海と知床連山が一望、大パノラマです。

 とにかく一度訪れて見てください!、店主は物語を創作し絵も描く芸術家でもある。

 

 

 

 


第476話

okhotsk MENU

2011/04/30

 総振局でakaneちゃんに呼び止められた。明日から総振局の職員食堂で地産地消の推進とオホーツク産食材のPR等を目的として月替わりの「オホーツクメニュー」と云う事で是非来て欲しいと云われた。

 早速、職員を誘ったら女性職員だけで男性は不参加となった。チョット早めに出かける。食べ物となると人は口が滑らかとなる。車の中でN嬢とSさんの会話が聞こえてくる。N嬢がアー腹いっぱいアスパラが食べたいと言い、そう云えばアスパラとアスパラガスは違うんだってとN嬢が言うと、すかさずSさんは同じよと言いうんちくがはじまる。私はその会話には入らない事にした(後が怖い)。結局、なんだ〜同じなのとN嬢が折れた(笑)。

 食堂に着くと、早く来た分席が開いていた。今日のメニューは「北斗ポークと美幌産3色アスパラ」をメインで何れも地場産の長いも海苔・魚醤油であった。

 食べ始めると、突然N嬢がアスパラが2色しか入っていない。紫色のアスパラがないと、悲しげな顔をしていたのでSさんがN嬢の皿に入れたので、私も紫色のアスパラをあげた。

 帰り際、車の中で彼女たちは「アスパラ」を食べ満足をしたと話していたのが聴こえてくる。今日は、気温も上がりほのぼのとした春の訪れを感じることができた。

 

 

 

 

 

第475話

漁師のK君

2011/04/12

 オホーツク海では、春のカニ漁とに入っている。

 今年も、息子の友人K君から毛がにが届いた。毛がには新鮮そのもので、まだ生きている。同居人は早速、湯がく準備を始めた。お湯が沸騰し始めると毛がには、入れ物から脱走しアッチ・コッチと歩き回りもう必死である。

 同居人も必死である、捕まえるは爪に挟まれるはと大格闘となった。

 程なく毛がにも湯がき終え、友人・知人達にもお裾分けをした。

 そしてK君の採った毛がに、そして悪戦苦闘を繰り返しをした同居人のお陰で楽しい夕食となりました。

 

 

 

 



第474話

飛び入り

2011/04/09

 エコーホールにて、ロビーコンサートを聴く。

 市内シルバー混声合唱団が出演で、ピアノ伴奏者はK先生で、私が通っていた男先生である。コンサートが終わり、会場に来ていたTさん達と食事をする。

 Tさんはこれから大正琴の教室に行くと話した。先生は北見のS先生と聞き、私もS先生とは暫く会っていないので行く事にした。教室に入ると、他の生徒さん達もいた。すぐに練習に入ったが知人のTさんが、やりづらいなぁ〜と云ったらS先生が一緒にやろうと私にも楽器をセットしてくれた。

 大正琴を知っているが、実際に触るのは初めてとなり、S先生が譜面を置き簡単に説明をし見本を示してくれた。一時間半ほどシドロモドロしながら、生徒さんたちと練習をした。時間が経つにつれ夢中となり、汗ダクダクとなった(笑)。

 お陰で、Tさん気が散らなく練習が出来たことだろう。

 私は今考えてみると、うるさい子供にオモチャを与えられたような気がした(爆)。

 

 

 

 




第473話

きょうの運勢

2011/03/03

 朝新聞を読む、私は必ず「きょうの運勢」も見る。

 これには、結構自分を戒める文があり時には気合を入れたり、また今日は言葉使いに気をつけようと心がけて出勤する。

 さて、「きょうの運勢」愛縁事に幸福あり。ウーン・・・会食・会合・宴席吉運、とある。健康○、金銭○、異性◎となっている。

 今日は、民協の会議に参加をした。資料には私のCDの記事が載せてくれたお陰で5枚ほど売れた。

 会議終了後、書店による。入ると私が尊敬をしている中の一人Kさん夫婦にあう。ヤハリ、話題は本となり最近読んだ本の話をしたら奇しくもKさんの中の良い友達と話してくれた。Kさん、作者の如く喜んでいて、私はとても清々しい気持ちになった。Kさん、別れ際に友人の作者に紹介をしてあげると云い別れを告げた。

 今日は、チョット楽しい日であった。

 

 

 

 



第472話

メゾン・ド・ピェール

2011/02/27

 私のお気に入りのパン屋さんです!

 ここは、アンたっぷりクリームたっぷりと入っています。慰問コンサートに行く時、お土産として時々買いにいきます。そしてチョットわがままもでき、今年の元旦早朝にパンを焼いてもらいました。元旦慰問コンサートなので、お願いしたら心良く焼いてくれた。

 今日も、クリームパンを注文したら店主が何時もお世話にと私と同居人の似顔を形とったクリームパンを頂きました。

 有難う御座います。

 

 

 

 



第471話

Fさん

2011/02/26

 昨日、喫茶ちゃちゃふおるてに向かう。この店にCDを置かして貰っている。ママの、宣伝が良いのか枚数がでている。

 その購入者の中でFさんもいた。彼は網走近郊ではあるが車で40分位の町の方である。以前、めん竹さんがその町の人からF管の注文が入ったと知らせてくれた。F管を吹くという事は、きっと上級者に違いない。

 いつか、Fさんに会える日を楽しみにしている。FさんCD購入有難う御座います♪

 

 

 

 



 

第470話

楽屋

2011/02/20

 2月20日は、オホーツク流氷の日 

 今日は、「オホーツク観光大使♪コンサートin網走」

 12名任命を受けている。道内外で幅広く活躍されている方、オホーツクの魅力をPRしている。大使の委嘱の条件は、オホーツク出身者か、現在オホーツク在住のアーティスト等としオホーツクに深い愛情を持っているかた。今回は10名出演で無論「こうざん先生」も参加されている。

 午前中は北浜の現場に行き作業状態を確認する。

 昼食をとり、市民会館に行く。私が会場入口に入ると追って来たかのようにオホーツク圏観光連盟の伊藤専務がきた。挨拶もそこそこに、こうざん先生に面会をしたいと告げたら、「楽屋」まで同行してくれて、こうざん先生と対面する。

 先生とは、間近に顔を見るのは初めてである。何時もは、新聞記事で拝見して、後はお互いHPでつないでいる。

 私は余りにも若く見え、むしろ私のほうがズート年上に思えた。ヒゲをそったら、更に若く見えるだろう。先生とは5・6分と短い会話をし、後日ゆっくりと話をしましょうとCDを渡し楽屋を後にした。

 帰りに車の中で、若く見えるのは苦労の差かなと、勝手に自分を慰めた(爆)

 先生、今日はお疲れ様でした!

 

 

 

 

[46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65]

[66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85]