トップ>俊のつぶやき

 

第369話

丸太のような秋刀魚 〜

2009/09/11

秋の味覚、秋刀魚!。

とは言っても、段々歳を重ねると青魚を食べると胸焼けやゲップが出てここ数年敬遠している。

特に好物だった、鯖を食べると胸焼けが酷い。

ところが、スーパーでは秋刀魚が連日の様に出ている。
今年は何時もの年と違い、魚体が大きい。まるで丸太の様に太い。
余りにも見事な魚体なので、買う事にした。

同居人が用意出来たよ、呼ばれ息子とテーブルについた。
見ると、頭の無い秋刀魚が皿に乗っていた・・・
同居人・・魚焼き器に入れると入らないので頭を落し焼いたと笑って言った。
早速に箸を付け、胸焼けになるのも忘れ食べた。

脂が乗り、久方ぶりに美味しい秋刀魚であった・・・

 

 

 

 

 

第368話

森の中でのコンサート

2009/09/06

 日時:09年9月6日 AM:10:00
 場所:網走市・木の広場(駒場)
 主催:駒場東老人クラブ・町内会

 場所は国道244号に沿って、高台に森林地区があり町並みと挟んでいる。市では森を整備し市民の散歩・ウォーキング場となり野花、広葉樹が生い茂りシマリス・蝦夷リス・小鳥が沢山生殖して市民の憩いの場となっている。

 私も気に入っている場所の一つである。

 今日は、私の友人・知人達も来てくれた。会長のKさんが私達だけで聴くのは勿体無いと、事前に遊歩道にポスターを張り参加者を集めてくれた。

 昨年とは時期が違うせいか、今日はカが多くて私よりも会場の人達が大変だったようだ。それぞれが、ウチワ、大きな葉を持ちしきりにカを追い払いながら聴いてくれた。

 演奏者の私は、体を動かしているので被害が少なかった。そんな訳で、演奏中でも手の動きが目に入るので常時拍手されて居るようですと会場の方に云った(爆)

 リズムに合わせ、手を振っていただいた方、また立ち上がり拍手をしていただいた方々有難うござます。

 演奏も終わり、会場の方たちと話をしていると一人の女性が、有難う御座いますと云い・・札幌の娘さんが無事出産した事を告げた。娘さんは分娩室で私のCDを聴きながら出産したと話してくれ、私は感激し胸いっぱいとなった。

 今日はとても嬉しい日であった・・・

 

 

 

 

 

第367話

森の生態系を学ぶ・森林観察ウォーキング

2009/09/05

 日時:09年9月5日(土曜日)
 場所:津別町フオレスター・上里森林公園
 主催:コープさっぽろ組織活動部北見地区

 環境タウンミーティングの目的(森林観察ウォーキング )鈴木先生(樹木医)の説明を聞きながら、森の生態系の勉強と探索そして心を癒す、ケーナを聴く会。

 今回のコンサート会場は、私もN嬢も初めて訪れる。
 網走を出て1時間30分ほどで着いた。峠に入ると広葉樹が少しではあるが色付き、紅葉の準備をしているように感じた。

 会場には30数名ほど集まり、殆どはご婦人達でした。今回の参加者は遠軽町・北見市・網走市と3ブロックと言っていた。会場を見渡すと、顔見知りの方も居たので気持ちも楽になった。

 演奏は1時間少々となり、トークが何時もよりも乗り時間までに2曲ほど残した(笑)
 演奏の方も、トークが乗ったせいかマァマァとなり楽しい時間を過させていただいた。
 会場の人達も、爆笑していたので癒されたと思う・・・

 

 

 

 

第366話

栄誉を称えて

2009/09/03

 平成21年8月30日、網走市社会福祉事業功労者等表彰被表彰者を受賞する。

 当日、ふれ愛ひろば網走2009の会場にて表彰を受けたが、10年以上も家族(同居人)そして多くの先輩・友人・知人に支えられながら民生委員やボランテイア活動が出来た事に感謝したい。

 

 

 

 

 

第365話

新装オープン

2009/08/23

 ようやく、コウ太(ドックラン)の店に行く。

 新装オープンしてから、ひと月もたった・・・
 長雨と週末になると天候が崩れたり、他の用事で中々顔を出す事が出来なかった。

 今日は、ストックを連れて出かけた。当のストックも久方振りのせいか、クンクンと鼻を鳴らしテンションが上がっている。

 建物は、別棟でドックランの側に建て、喫茶室・食事を取れる席で犬が入れない様に仕切りが付いている。
 また、はじめ君の本業である靴やアウトドアー用の洋服を置いてある部屋となっている。

 森の中の建物は、静けさと緑色そして白樺に覆われ時折小鳥のさえずりが聴こえてくる。

今日のストックは充分に満足をしたようだ・・・

 それは、中庭で一面に芝が張ってあり他の犬は入れない場所で、どうやら私の躾が認めているらしく特別扱いと云って頂いた事で、柔らかい芝生の上で充分楽しんだ。

 

 

 

 

第364話

墓参とコンサート

2009/08/16

 毎年の事ながら墓参に行く。

 今年は、母の初盆でもある。14日網走で始まり、足寄・置戸・北見と7ヶ所お参りとなる。

 同居人と予定を組み、足寄・置戸と宿泊し慰問コンサートの計画をした。

 従兄弟・兄弟に会いコンサートを終え16日母の初盆にお参りし無事今日網走に着いた。

 

 

 

 


第363話

置戸へ

2009/08/16

 置戸町のグループホーム「はな」にて8月15日慰問コンサートを行なう・・・

 ここは、以前同業者のEさんが開所した施設と云う事でボランテイアをさせて頂いた。

 準備の為、1時間前に施設に入った。会場に入ると、若い男性スタッフがテキパキと会場を整えてくれた。お陰で、何時もより早く準備が出来リハとなった。

 音出しを始めると、次々と集まり、リハをしている曲を歌い始めた(笑)。

 私は、時間が予定より早いがコンサートを開始の了解をとり演奏を行なう事にした。

 初めて訪れたホームであるが、とても入居者の人達は乗りが良く、中には私の曲に合わせハーモニカを吹いている婦人もいた。年齢は90歳に近く、10歳の頃からハーモニカを足しなんでいると話してくれた。

 お陰で演奏もトークも乗り、楽しく気分が良かった。

 ところが、まだ気分の良い人がいた・・・

 同居人である・・・帰り際に、入居者の人が何時もお父さんと一緒に活動しているの訊ねられたと、私に耳打ちをしてニンマリとし笑みを浮かべていた。

 私は、(腹の中で)50も過ぎているのにと言いたがったが、直接は言えなかった・・・

 

 

 

 


第362話

足寄から

2009/08/16

 足寄町特別養護老人ホームに訪れる。

 8月14日、網走から足寄に向かい11時に着き従姉に会い老人ホームに行く。

 兎に角暑い、気温は30度を超えている、会場に入り準備となったが、瞬く間に汗を拭いていたタオルがビシャビシャとなった。

 会場には入居者・スタッフの人たち70名ほど集まってくれた。コンサート前に、オホーツク網走から来たと言うことで会場の人たちとは会話が弾んだ。

 演奏時には、水の補給が何時もより多く50分ほどでコンサートを終わらした。

 また、機会があれば訪れようと思う・・・

 

 

 

 

第361話

フリーマーケット

2009/08/13

 日曜の日フリーマーケットに出かける。

 前日マーケットの区画割りしたが、今年は昨年より出店が多い。

 開始時間までに着いたが、もう駐車場は満杯となっていた。しかたなく第二駐車場(路上駐車)にした(笑)
 会場に入ると大勢の人が集まり、縁日のような賑わいだった。私は友人・知人と雑談し時間を費やしていた。 同居人は野菜などを買い求めていたので、私も何かと見渡したら、この会場の役員が出店している所に行った。
 品物のなかに、見覚えのある湯呑み茶碗があった。それは昨年、同居人が何かに使って下さいと寄付をしたものだった。
 ・・・どうも売れそうも無いので、私が5個ほど湯呑み茶碗を買い求め協力をした。(爆)

 

 

 

 

 

第360話

雨上がりの夜空でコンサート

2009/08/05

 網走商工会議所が主催した、夏の網走を盛り上げようと市内三箇所の内「市立郷土博物館」前広場に於いてライトアップの中でのコンサートの依頼を受けた。

 午後六時に会場に着く。依然として雨が止まない状態である。
 音響担当のE君も同時に会場に入った、二人して空を眺めながら、開演は八時三十分なので七時まで様子をみようと話していたら、館長が出てきて、この雨の中開催するのと言い、電話での問い合わせが四十件ほど来ていたので、多分無理でしょうと答えたといった。

 私は会場が素晴らしく、何としても決行したかった。
一・二曲でも良いと思った・・・

 そんな願いが叶ったようだ、雨が上がり早速準備に取り掛かった。

 日曜の夜、八時半からの開演は遅すぎで、ましてギリギリまでの雨である。私は予め予測をし「サクラ」の手配をしていた。私の家族や友人・知人に声をかけていた、二・三十人も集まればと思っていたが、思いの他集まってくれた。
 会場に、用意した椅子が足りなく立ち見となった。
 演奏の方は、北の国から始まりラスト曲はこの郷土博物館に縁のある「故・田上義也氏」に鎮魂歌としてアメージング・グレースを演奏し都合十二曲とした。

 ライトアップで照らされた、歴史ある博物館そして周りを取り囲んだ木々、飽きれるほどの演出の中でのコンサートで私にとって身に余る光栄で、主催の商工会議所、また悪天候にも係らず聴いて頂いた多くの人に感謝したい。

 

 

 

 


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15]

[16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30]

[31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45]

[46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65]

[66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85]