トップ>俊のつぶやき

 

第359話

長 雨 〜

2009/08/02

 今日は、朝から空とのニラメッコである。

 空はどんよりとした雲に覆われ、シトシトと雨が降っている・・・此処7月から雨の降る日が多く、各地のイベントが順延したり中止もあり、開催者も頭を悩ましている。

 ところが、まだ頭を悩ましている人がいる。

 それは、農業者の人達である、長雨の為成育に異常をきたし、収穫時期となってはいるが雨で畑に機械を入れる事ができず品質が下がると同時に値も下がる、悲惨な状態となっている。

 私も今夜は、野外コンサートの出演依頼を受けている。会場は、市郷土博物館前と成り先月から夜間時にライトアップしている。
 商工会議所では、郷土博物館を設計をした建築家、故田上義也氏がオーケストラの指揮を執るなど音楽分野にも縁のあった事から博物館前にてライトアップの光の演出の中で演奏をという企画である。

 会場は、木立にひっそりと古い郷土博物館が建っていて、私は「北の国から」そのもののように感じた・・・

 あ〜早く雨が上がらないかな〜と朝から願っています(笑)

 

 

 

 

 

第358話

夏祭り

2009/07/25

 何時も帰宅が遅い(仕事で)息子が、最近は更に遅い。チョットお疲れ気味のようだ。
 これと、言ってテーブルに綿アメを数個置いた。

 すかさず同居人、これどうしたのと息子に尋ねたら今日は綿アメを作らされたとボヤイテいた・・・
 私は、息子にとうとうテキヤに商売替えしたのかと笑いながら言った。

 そうか、もう夏祭りのシーズンとなり多様なイベントに借り出されているようだ。

 明日は、千人踊りに参加となり浴衣と雪駄の用意をしていた。彼はイベントの準備の手伝いそして参加とここ二週間は仕事の方は数日とボヤイテいた。

 街の商店街は、いや街全体が不況となり地域活性化をと願い夏祭りを盛り上げている。

 せめて、天候だけでもと願うが、ここ数日グズつき今夜は花火大会であるが、朝から雨模様である・・・

 

 

 

 

 

第357話

「憩いの場」

2009/07/18

 私の二階の部屋から中二階の会議室の間に小さなスペースが有り、福利厚生としリホームをして職員の「憩いの場」を設けた・・・

 壁紙も明るい色彩にし、小さなガラステーブルを置いた。職員の反響はどうなのか?・・今のところ私だけが満足をしているらしい・・

 その場所は、思い掛けなく音の反響が良い事が分った。なんと、ケーナのレッスン場にもって来いの場所となった。
 そんな訳で私の「憩いの場」と、職員に陰口を言われそう(笑)。

 

 

 

 

第356話

トリートメント

2009/07/12

 以前、知人である美容師さんが疲れた顔をしているね、と言われ、トリートメントでもしてリフレッシュしたらと話してくれた・・・

 ここ10日ほど、連日深夜までの残業となった。毎日パソコンとのニラメッコ、目が疲れ肩張りと成り鎮痛剤を飲みながらやっと昨夜出来上がった。

 昼近くに目が覚め風呂に入ったが、どうも頭が痛く肩が痛い。そう言えば、疲れたらトリートメントでもしてリフレッシュでもしたらと言われた事を思い出した。
 早速、同居人に予約を取ってもらい出かけトリートメントなるものをしてもらう・・・ ウーン本当に頭のマッサージで最初は痛かったが時期に和らぎ、何とも按配が良いが、頭の毛が薄くなっているので指で擦られる都度に少ない頭髪が余分に抜けるかと、心配になった(爆)。

 美容師さんが、ついでにカットもしたらと言われたが、カットは床屋以外でしたことが無く不安ではあったが結局して貰う事になった。

 カットも終わり精算となり、次回からは、お徳用でサービス券が付きますと説明を受け次回分も精算し通うハメとなった・・・

 商売上手な知人の美容師さん、でもリフレッシュとなりました!(笑)

 

 

 

 

 

第355話

ジャム作り

2009/07/12

 こうざん先生、お久しぶりです!

 今日は夕方から、我家の最後のさくらんぼ狩りとなりました。
 同居人が、天気予報を見て明日から天候が悪くなる予報と知り、雨に当たり腐らす前に収穫し、今自家製のさくらんぼのジャムを作っているところです。

 先生の言われた通り、害虫も無く生りが良かったですね。後の果樹は、ラズベリー・ぶどう・ブルーべリーも順調に育っていて楽しみです。

 私は今、プレゼントのbunケーナが届いたので久ぶりに吹いています(笑)

 ケーナのお陰で、素晴らしい友人との出会いが沢山出来てありがたいの一言です。

 

 

 

 

第354話

〜 さくらんぼの初狩り!

2009/07/05

 昨年は不作であったが、今年は粒の大きさ甘みも有り良である。
 昨年の秋に、果樹園を営んでいる職員がさくらんぼの木の剪定をし貰い、又病気の予防など指導してくれた。 春から同居人は、忠実に世話をしバケツに一杯に成るほど間引きをし、雨に当たり割れた粒は処理をし腐れカビの予防をしたせいか、何時もより品質が良い。

 初狩りのさくらんぼは、先代の家に届けるのが慣わしとなっている。
 生前、届ける都度悔しがる、同じ木を植えているが成りが悪く食べ物にならない。
 その悔しがる姿を見て、私は満面の笑みを浮かべ得意げになった事を思い懐かしむ・・

 今朝、出勤前に先代に届ける分だけ採り、庭に咲いた花と一緒に仏壇に供えた。

 また、悔しがっている事だろう・・・

 

 

 

 


第353話

度重なる嬉しい便り!

2009/07/03

 毎年忘れもせずにやって来る、私の誕生日・・・

 薄々覚えていたが、この歳になると苦痛さえ感じる。残業を終へ家に着くなりPCを開くと、何通かのメールが届いていた。

◎ 札幌のK氏からで、第三弾めのカラオケ付き
  と新曲が届いていた。
  二曲目のオリジナルで、半ば諦めていたのに。作曲家であるK氏は多忙にも係らず作ってくれた。

◎ 大分の「めん竹さん」からも便りが入っていた。
  先週末に、石垣島からそして岡崎から「ケナ友」ご夫婦が来網された。二人は私の秘蔵のbunケーナを擦るように扱い吹き、音の良さ、竹材の良さ、一級品を使用している事をに改めて感じた矢先に「めん竹」さんから、ケーナのプレゼントの連絡でした。
  何とも、タイミングが良いK氏がD管で吹いて欲しいと言っていたので、お言葉に甘えD管をお願い致しました。
  私の干支を聞き、そして心を込め製作致しますと言っていただいた。

◎ 私の誕生日と言って、N嬢からケーキを頂いた。
家に着くなり、同居人と息子にバースディケーキを頂いたことを告げチョット得意げとなった。
  早速、箱を開けるとチョコレートに「しゅんちゃん」と書いてある。
  以前からオーダーをしていたに違いない・・これは、後が高く付く(笑)

・・度重なる嬉しい便り!でした・・ありがとう!

 

 

 

 


第352話

忙しい中!

2009/06/30

 お互い、短い時間の交流で名残惜しかったですね。

本当に不思議なもので、初めてお顔を拝見したのにも係らず、久方ぶりに会ったかの様でした。

また、事業でも活躍されている「南洋の笛吹童子」さん、北のくにから果ては海外と遁走されている動きに感服しております。

素晴らしい南洋の音を聴き、いまだ耳に残っており大変参考になりました。

また、再会出きる事を願っております!

 

 

 

 

第351話

北から南から〜

2009/06/28

 北から南からのケナ友に合う・・・

 私のHPで交流をしている、愛知県岡崎市の「ねんきんくらしのケーナマン」さん沖縄県石垣島の「南洋の笛吹童子」さんご夫婦がここオホーツク網走に来られた。

 以前記載しましたが、ここ網走は北緯44度、岡崎市34度、石垣島24度と偶然にも緯度が10度ほど違い三分割となっています。

 観光と所要があり、2時間少々と時間も無く男組はケーナの話に夢中、女組は庭花と同居人の陶芸の作品を見て楽しんで居た様でした・・・

 御二方の演奏も披露をして頂き、感動、感銘をしました。それぞれの、地の環境や人生の生き様がケーナの音で伝えてくれていました。感動・感動・・

 少ない時間、ここオホーツク網走の思い出をと感えあぐみましたが時間がなく、我家のサクランボも後一週間経たないと食べれない・・ところが、息子の友人が活毛がにを一箱届けてくれたので食べて貰う事にした。

 南の果て、中央と来て頂き、ここオホーツク網走の旅の思い出となってもらえばと・・・。

 

 

 

 

 

第350話

N嬢デビューする

2009/06/21

 網走市特養老人ホーム「レインボーハイツ」を訪れる。
 朝方は曇り空であったが、昼ごろには気温も上がり陽が差してきた。

 今日は、N嬢のデビュー日である。以前から、ケーナの練習をしてくれている。
 兎に角、失敗を恐れずゆっくりと吹きなさいと私の頼りないアドバイスをうけ、彼女意をけしたようだ。

 会場に訪れ、準備も終え簡単なリハーサルをと、N嬢に吹かした。私の心配をよそに、音は何とか出ている・・
 大丈夫々とN嬢を励ました、そして本番となり六曲ほど演奏を終え、彼女を紹介し今日初演奏である事を会場の方に告げた。

 彼女、緊張しながらも演奏をした。私の第1号の教え子で自分の演奏よりも緊張しハラハラした。私の時は、緊張し舞い上がり音が出なく、まるでケーナで火を起こしているようだった(笑)

 自分も吹きたい、覚えたいと言い何人の人にケーナを渡したが、吹ける様になったので聴いて欲しいと言った御人は一人として居なくケーナを飾る人たちばかりだった。

 今日は、私の第1号の弟子ができ、今後慰問コンサートとして、欠かせないパートナーとなる事を願う・・

 

 

 

 


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15]

[16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30]

[31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45]

[46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65]

[66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85]