トップ>俊のつぶやき

 

第329話

迷子になっていた弟弟子

2009/04/01

 お久しぶりです!と一通のメールが入っていた・・・

 三年も音信不通になっていた、健ちゃんからだった。

 彼も私と同じ、自称「河辺晃吉」の弟子である・・
 2006年7月13日、奥さんと共に会った日依頼、音信不通となっていた。

 弟もかなり腕が上がったようだ。私のHPを覗いていてそろそろ私と同様に、慰問活動にデビューしょうと
の事であった。

 携帯番号が記入されていた、私の携帯電話で登録番号を調べてみたら、同じ番号となっている。
(笑)振り込め詐欺ではないと確信した。

 早速メールを送ろうと思う・・・

 

 

 

 

 

第328話

道立オホ−ツク公園

2009/04/01

 天候快晴、早朝道立オホーツク公園に向かう。

 例年この時期に、公園内の園路をボランテア除雪を行っている。公園駐車場に着くと、S君が大型ロータリーを回送していた。

 早朝ではあるが、もう新所長を始め職員の方たちが、次々と出勤し始めていた。挨拶もそこそこに、S君と職員のKさんが同乗し作業に取り掛かった。

 快晴の中、S君は広い公園内にウップンを晴らすかのように、雪を飛ばしていた。

 それは、オホーツクブルーの空に白い雪が舞い素晴らしいロケーションとなった。

 ここ網走にも春が近ずいてきた、そして今年も時期公園がオープンされ、多様なイベントが開催される事だろう。

 

 

 

 

 

第327話

ケンちゃん

2009/03/22

 シンガーソングライター「鹿野ケンジ」

 今日珍しく、ケンちゃんが会社に訪れた・・・

 私は、直感的に転勤挨拶かなと、頭を過ぎった。転勤・・ケンちゃんと言ったら、そうなんですよと
 チョット悲しげに答えてくれた。

 彼は網走での活動は素晴らしいものであった、遁走にライブを行い、特に若い女性のフアンも多く定着した矢先に転勤とは・・・

 でも、札幌に戻るのだからと私は慰めの言葉をかけた。キット彼は、あの澄み切った綺麗な声で多くの人たちを魅了させるだろう。頑張れケンちゃん♪♪♪

 

 

 

 

第326話

「オホーツク毛がに祭り」

2009/03/28

 今朝、新聞と一緒にスーパーのチラシに目を向いた。

 「オホーツク毛がに祭り」と載っていた・・・

 オホーツク海も流氷が去り、海開けとなったと同時にこれから春漁となる。

 流氷時期は漁も休み、その間に、魚、かに、貝などが流氷が運んで来た良質なプランクトンをタップリと食べ、成長をする。

 私は特に、海開け時の魚介が好きです。まだ、水温が低くいために身が締まりそして甘みがある、今日は、スーパーのお供をし、毛がにをネダッタ(笑)。

 今日は朝から雪模様となり、辺り一面冬景色に戻ったが、毛がにを食べたと同時に春を感じた・・・

 

 

 

 

 

第325話

塩 味

2009/03/22

 もう四十年近く前の頃である・・・

 某町でホルモン屋によく通ったことがある、当然ながらホルモンと焼酎となる。

 そこのオヤジさん(店主)頑固一徹、どちらが客か分らない時もある。気に食わないと即口論となり、挙句の果て「閉店」と店を閉める。
 そんな店ではあるが、常連客が多く毎夜、店は賑わっている。そして、今でも忘れない思い出がある・・・

 ラーメンを注文をした時に、味噌味と言ったら・・オヤジさんが・・なに、バカヤロー、ラーメンは塩味と決まっているんだと、いきなり怒鳴られた(笑)。

 私は、ハイ塩ラーメンと言い直した(大盛でと)。

 時期に出来上がり、スープを飲みながらラーメンをすすっていたら、突然オヤジさんが怒鳴り出した。

 バカ野郎・・俺は最高の状態で麺を上げて食べてもらおうと出したのに、スープを飲む暇があったら先に麺を食べろ、そして最後にゆっくりとスープを味わえと言ってた・・・

 当時を思い出す、ドンブリを覗くと具はメンマが数本と、なるとが一枚、刻みねぎ少々とシンプルであったが、美味しくまた、今でもオヤジさんに教えられた通りラーメンを食べている・・・

 そして時折、ラーメンはと私は講釈をしている(笑)

 きっと、オヤジさん天国で笑っているだろう・・・

 

 

 

 

第324話

ダイエット番組

2009/03/21

 以前も投稿したが、未だに同居人はダイエット番組が好きらしい。

 噂では、コルステロールが高いのでこれ以上太らないように管理をして下さいと、医者に言われているらしい。

 彼女、あ〜運動不足といい何もしていない、食事については気を配っているらしく、美味しいものを食べている(笑)

 昨日、大好きなダイエット番組がはいっていたのでチャンネルを変えようとしたら、台所で炊事をしていた彼女が甲高い声をだし、大事な番組だからチャンネルを変えないでと強く指摘をうけた・・・

 何時もの事ながら、有名人や他人が実際にダイエットし、ここまで痩せたと彼女見ていて歓喜しているのだ。

 長時間番組なので、チャンネルを変えたいと云っても譲ってはくれないので、あとでユックリ見るように録画をしたらと提案をしたら、渋々了解をし事な気負えた。

 私自身も、メタボなので安心し緊張がないのかな・・・

 

 

 

 


第323話

アレルギー性鼻炎

2009/03/15

 突然、くしゃみの連発おまけに鼻水ダラダラ、そして涙目となり、鼻をかみ鼻の下が荒れてりヒリヒリとなる。

 暖房の効いている所で、冷たい空気がスーと鼻を過ぎっただけでこの状態となる。

 ですから、毎朝に鼻炎用カプセルを一錠飲んで出勤となる。本来は一回二錠となっているが、毎日の為一錠にしている、予備として必ず二錠を財布に忍ばしている。

 必ず持ち歩く財布なので、随分助かっている事がある。

 今回、寄り合いに出向く前に、どうも鼻の調子が悪く一錠持っていたので飲んで行った。会場に着いても、相変わらずクシャミが止まらず会食の時には相手に大変迷惑をかけてしまった・・・

 どうも、近代的な建物には入れない体質となっている。一度は、コンサート中におきた事もある。
 その後は、必ず二錠を飲んで演奏となるが、薬が効き始めると、今度は喉が乾きカラカラとなり水分補給に忙しい(笑)。

 空調が怖い・・・・

 

 

 

 


第322話

こちらこそ有難う御座いました♪

2009/03/08

 数年前から、伺おうと思っていたんですよ。

 中々お邪魔をするきっかけがなく、今回M君の紹介で行くことができ感謝をしております。

 次回は、メンバーと共に行きます、そして会場の参加者と一緒に楽しめる様に、事前に打ち合わせしましょう。

 楽しかったですよ。

 

 

 

 

第321話

先輩達

2009/03/08

 ドア越しから、大きな声が聞こえる・・・

 教室(ピアノ)に入ると、男先生は語気を強め指導をしている。私の先輩に当たる(小四年の女の子)がレッスンを受けている、先輩の女の子は私の方をチラッと見て困惑そうな顔をしていた。

 男先生は、何回も何回も繰り返し指導している、そして女の子も真剣さよりも緊張感のほうが高まっているように思えた。

 私の予約の時間に、すでに入っていたのを気付き解放された。

 私は女の子に、これからおじさんが絞られる番だからねと言ったら、まだ悄気た顔をし、「ウン」とうなずき後ろ向きをしながら出て行った。

 以前これと同じような光景を見たことがある、高校生の女の子が涙を浮かべながら指導を受けていた、私は胸の中で、そこまで言わなくてもと女の子に同情を覚えたこともあった。

 後日男先生は私に、あの子音大に合格しましたと喜んでいた、毎年本州の有名音大に送り出しているようだ。

 私も、優秀な先輩に負けないよう精進しようと(笑)

 

 

 

 

 

第320話

お雛様

2009/03/04

 今日は、お雛様・・・

 昼には、bままさんがコンポートを私にと届けてくれた。何時もの如く、食事が終わった後に何かオヤツないのと催促をする。
 同居人・・頂いたコンポートを出してくれた。

 う〜ん、今日はお雛様か、だから昼に恵方巻きだったんだといったら・・何を言っているの〜、それは節分の日でしょとチョット首を傾げ、軽蔑をした目で見られた。

 あっそ〜と言い、コンポート美味しいなとはぐらかした(笑)

 

 

 

 


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15]

[16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30]

[31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45]

[46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65]

[66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85]