トップ>俊のつぶやき

 

第309話

レッスン、スケジュール

2009/01/30

 ピアノ教室に行く・・・

 今日は、今年度のレッスン打ち合わせをした。

 あらかじめ譜面を用意し、また昨年練習をした曲の再練習、移調のお願いと概ね一年間の計画を立てた。

 帰り際、先生に低調に頭を下げ宜しくお願いしますと・・・

 此れには訳がある、先生は熱心さ以上に熱心となり時々、私も熱くなり・・先生に悪態をつく(笑)

 何とも大変な生徒である・・・

 

 

 

 

第308話

生真面目なSさん

2009/01/27

 ご無沙汰しています。

 こうざん先生のHPを拝見させて頂いています、2月はオホーツク観光大使一同が参加されるイベントが開催があるんですね頑張って下さい。

 Sさんは、毎年冬期間ですが仕事を手伝ってくれています。技術力も高く、丁寧で生真面目なSさんなので役所の方は仕事についても、申し分ないと高く評価して頂いています。

 早速、Sさんに伝えておきます。

 

 

 

 

 

第307話

「こじつけ」

2009/01/25

 腰の調子が思わしくなく、行きつけの整体院に行く。

 数年前に、ギックリ腰になり整体して貰い以来定期的に通っている。

 そこは、私にとって憩いの場でもある。

 整体が終わると、ご主人と音楽談議となる。彼は、若いときからバンドを組みエレキギターに興じて、今でもライブ活動を行なっている。ですから、私にとっては貴重な方なのです、無知な私に何時も丁寧に教えてくれます。

 そんな彼が、昨年突然倒れ大手術をした、退院はしたもの後遺症が残り指が思うように動かなく落ち込んでいた。

 治療もすみ、彼に会い早くリハリビをし練習をしようと勇気ずけ、一緒に練習もした。

 そして、昨年末にはステージに上がるようになった。

 治療も済み、帰り際駐車場を見ると見られない車があるので、お客さんのと訊ねたら、入れ替えしたのと言った。

 主人が、命が戻ってきたので車を買って欲しいと言われ入れ替えしたと笑っていた。

 なんとも、凄い「こじつけ」である(笑)

 

 

 

 

第306話

でんぷんダンゴ

2009/01/22

 出張から戻り、家に着くなり今回はお土産は無いと同居人に告げた。

 夕飯も済ませ、「オーイ」何かオヤツないのと言ったら札幌で、美味しいもの沢山食べたのでしょうと言われた。

 確かに、寿司、アンコウ鍋、肉、刺身と食べて来た・・・

 敵は、チョット聴こえる程度にお土産にお菓子でも買ってきたら良かったのにと言っている・・・

 台所を見ると、「でんぷんダンゴ」の準備をしているようだ。何年か前から、挑戦をしているが美味しくはない・・

 でも、失敗を重ねて居るうちに成功をした、煮豆を甘くし、でんぷんの中にタップリと入れとても美味しく仕上げるようになった。

 手ぶらで帰って来て、チョット後ろ冷たさもあり何時もよりも、美味しい美味しいの連発で頂いた(笑)。

 

 

 

 

 

第305話

山漬け

2009/01/16

 鮮魚店から、連絡が入った。

 年末に頼んで於いた、山漬けである。

 此処何年前からか、山漬けが出回っている。昔からの保存食として、漁師の人達が作っていた。今とは違い、冷凍庫のない時代なので考えついた事だと思う。

 サケに満遍なく塩を、すり込み何本も山のように重ね、水分を抜き上から下へと重ね替えて熟成させたもので、とても美味である。

 私も一本作って貰おうと、油の乗ったメジカを選んだ。メジカはサケと違い丸みおびた体型で、目と目が近い為名前が付いたと言っていた。

 そして、サケ千本に対し一本しか捕れないと話してくれた。

 結構割高となったが、食べてみるとさすがに美味かった
・・・当分痩せる事が出来そうもない(笑)

 

 

 

 

第304話

しばれ

2009/01/14

 しばれ(凍結)が来ない〜

 今時、日中は路面の雪が融けて、路面に水溜りがある。12月上旬の気候のようだ、頂いた飯寿司も心持何時もより酢が利いている。

 寒い時期に寒さが来ないと、畑作にも影響が出ると聞いている、土の中に居る害虫が死なないらしい。

 仕事のなかには、しばれ(凍結)が来ないと出来ないものがある・・。

 ・・・早くしばれ(凍結)が欲しい・・・

 

 

 

 


第303話

感謝の年頭挨拶

2009/01/07

 年末、三が日と休日ではあるが、二十四時間体制の現場そして365日毎日のパトロール業務、おまけに三が日の除雪出動と全職員が交代で出勤していた。

 中には、休日無しの職員も居る・・・

 年が明けて、会社に出ると女性職員以外は外勤となっていた。恒例となっている、年頭祈願祭も数名で執り行った。

 祈願祭も終了し、N嬢に正月休は何処かに出かけたと訊ねたら、ウ〜ンと声に力なく家の前の除雪をしただけと答えた。

 やぶヘビである、三が日は彼女と私は、葬式、交礼会と出席をしている。

 退社時に、ほぼ職員が揃ったので年頭の挨拶をした。

 私は、昨年よりも増して本当に感謝を込め、労いの言葉そして今年度の抱負を述べスタートをきった。

 

 

 

 


第302話

ゴボウ抜き!

2009/01/03

 二日、朝からテレビの前で同居人が歓喜の声を上げている。「箱根駅伝」を見て興奮をしネー見てみてと言っている。

 日大のダニエル選手が、何人も抜いている・・いわゆる「ゴボウ抜き」とやらで、なんと二十人も抜いてしまった。私もテレビにクギ付けとなってしまった。

 往路最終五区(山上がり)に入り、東洋大一年生の柏原選手がトップと五分差で九位でタスキを受け、これまた八人も抜き、神懸り的な快走をしトップに立ちゴールをした。

 ここ数年来、不況が連きまるで底の見えない状態で過している。

 そんな中、出場選手の日頃の練磨、強靭的な頑張りを見て新春早々、素晴らしい感動を頂いた事に感謝したい・・・。

 

 

 

 

第301話

元旦 慰問コンサート

2009/01/01

 今年の、元旦慰問コンサートを市内中央病院で行なう事が出来た。

 例年、元旦に演奏をしこれで連続4回目となる。

 今回も休みの中、K事務部長が会場に来てくれている、職務とはいえ頭が下がる。

 準備をしていると、私の方を見て会釈をしている夫婦がいた。マスクを取って、オレと言った・・・先輩のKさん夫婦とわかった。

 演奏があると、聞いていたのでと言い、でもあまり時間が無いのでとKさんが困惑した顔をしていた。

 時間前ではあったが、リハをかねて聴いて貰う事にし2、3曲演奏をした。

 私は、先輩の前で何時もより緊張し丁寧に演奏をした。

 お陰で、本番も気合の入った演奏となり、今年第1回目のコンサートのスタートとなりました。

 

 

 

 

 

第300話

「2009・1・1謹賀新年」

2009/01/01

 明けましておめでとう御座います!

 昨年は、閲覧者の皆様如何でしたか・・

 この数年、大変厳しい時代に入り未だに底が見えない状態ですが、社員一同に頑張っています。

 昨年は、人生の区切りとして「感歴コンサート」を開催するに当たって、大変多くの友人・知人・各団体の皆様に協力、参加をして頂いた事にとても感謝をしており、お陰で私の歴史の一ページになりました。

 また、活動として講演、慰問コンサート等を24回もすることが出来ました。これからもまた、気負いのない身の丈に合った、活動を心掛けて行きたいと思います。

 そして、皆様にはこれから始まる一年より快活に、生き生きと、毎日が過ごせます様心からお祈り申しあげます。
               管理者・shun

 

 

 

 


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15]

[16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30]

[31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45]

[46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65]

[66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85]