トップ>俊のつぶやき

 


Photo by toshie nakayama

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15]

[16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30]

[31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45]

【更新情報】2008.12.26) 第296話〜第299話を追加しました。

第279話

一本取られました〜

2008/11/01

 帰りがけN嬢が、うちのも食べてくださいと、紙袋を渡してくれた。

 中を覗くと、ぶどうである・・・

 自宅で植えているらしく、彼女の顔を見るとニンマリと自慢げな顔をしている。

 出来合いがいい、スーパーに出されているのと同じ位である。種類が違うせいか、我家のぶどうは、房に付いている実がスカスカとし、まばらになっている。

 何時もは、我家のぶどうをお裾分けしていたが、いつの間にやら、植えたらしい・・・

 どうにも悔しい・・・今年は彼女に一本取られました〜

 

 

 

 

第278話

大ダコの足

2008/10/30

 お隣から、お裾分けと言って生ダコの足を頂いた。

 台所に、立っていた同居人がチョットこの足見てとボールから取り出した。

 ウヒャー長い!同居人、床が汚れるからと椅子に上がり取り出した。大ダコの足で、長い分太さもある、ちなみに測ってみたら1,3Mもあった。

 彼女、即座に私の顔を覗き、どうすると訊ねた・・・

 私は、滅多に生は手に入らないので、今夜はタコシャブで行こうかと話した。

 用意が出来たよーの合図で、息子とテーブルに付いた。鍋の中の湯は、沸騰したので具であるタコを入れた。息子は、牛と豚のしゃぶしゃぶとなり、何とも騒がしいしゃぶしゃぶとなったが、家族で一つの鍋を囲みながら食べ、会話も弾み楽しい夕食となった。

 

 

 

 

 

第277話

新管が届く

2008/10/30

 大分県「めん竹工房」から、ケーナが二本届いた。

 E管・A♭管である、会社に届いたので早速二階の部屋に行き吹いてみた。

 感度良好である、家に戻り早速練習となった。じき息子が、帰宅したので新管が来た事を告げると、どれどれと吹き始めた。

 彼は、ヨレヨレながらも私の前で、一曲披露をしてくれた。次に、同居人が吹き始める、何時もの如く二人は味見をして見たいらしい(笑)

 こんな家族環境なので、練習も夜中の十二時までOKである。

 何とも、理解ある家族で感謝・感謝となる・・・

 

 

 

 

第276話

自家製ブレンド米

2008/10/29

 先ごろ、伯母が仙台から新米が送れれてきたからと言って、お裾分けをして頂いた。

 近頃は、道産米が改良を重ね、東北米と変わらない程美味しくなった。金賞をとったせいか、値段が魚沼産のこししかりと同じくなって居る。我家も早速に金賞受賞米を食べている。伯母から、頂いた米を食べたがチョット硬った。

 今日の夕食、ご飯を食べたら何時もとは違う・・・

 同居人に、今日メシが美味いなと云ったら、伯母さんの米と家の米を混ぜてみたと話してくれた。

 ウーン・・ブレンドかー、私はコーヒーなみだねと笑った。
 思わぬ、自家製ブレンド米でした(笑)。

 

 

 

 

 

第275話

「足寄へ」

2008/10/25

 今日は、伯父の法要に足寄へと向かった。

 足寄と云えば、松山千春・鈴木宗男そして、西武ライオンズの三井投手が出ている町である。

 ところが、私は特に小豆(アズキ)とこの町のお菓子に、魅力を感じる。

 寺に着くと、程なく親戚・縁者が多数集まり法要となった。普段は中々会えない、親戚もほぼ一同揃い、それぞれの近況の話となる。これも、故人(伯父)の御蔭である。

 帰りには、お土産としてお菓子店と向かった。何故か、十勝のお菓子は種類が豊富で上品さもある、豆が特産なので美味しいのか。

 でも、私はケーキを買うことにした、ショーケースを覗くと、色鮮やかで綺麗さに感動しお菓子を裏切りケーキにした(笑)

 土産と云っても、私自身が甘い物に目がなく自分への土産でした。(暴)

 

 

 

 

第274話

御見舞い

2008/10/23

 昨日、今日と電話をしても出ない・・・

 事務所に、問い合わせてみると入院をしていると告げられた。

 エ!アイツ入院?、即座に私は退院するまで、アイツ10kgは痩せるなと、云って相手の女性を笑わした。こんな陰口を言ったが、手術後の経過が良好と知ったからである。

 早速、入院先の総合病院へ向かった。

 病室に入ると、彼は寝ながら音楽を聴いていた・・・流石、フォルクローレ大好き「オコンコロ」のK君である。フォルクローレを聴いていた(笑)

 私が顔を覗き込むと、チョット驚いたようだ、経過が良いらしく、手術の経過を説明をしてくれた。

 曲を聴きながら、もうケーナ吹ける状態になったと話した。

 私同様、ケーナ馬鹿のK君快気をお祈りいたします。

 

 

 

 


第273話

本当に!

2008/10/22

 本当に、今日の夕食は納豆と味噌汁が出てきました。

 同居人が掲示板を覗いたのかな〜(笑)

 ケーナマンさん、体調のほうは如何ですか?私は、練習のサボりか、又はストレスなのか立派なメタボになり、一段と腹が出てきました・・・

 今日、退社時職員に朝夕は気温が下がり寒くなったので、シッカリと自己管理をし風邪などを引かないようにと注意をした。

 実は、私は自己管理が悪く風邪をひき、ようやく治った状態です(暴)

 ケーナマンさん、今の風邪は中々抜け切れませんよ、用心してくださいね。

 

 

 

 


第272話

海鮮

2008/10/20

 味覚の秋となった・・・

 シーラが届いていた、地球温暖化となり日本海からオホーツク海にシーラが入ってくるようになった。普段、食べなれない魚である、アキアジと違い薄ぺらい体形をしている。白身で油が乗り、刺身にしてもフライにしても、美味しかった。

 夕方に近所のYさんの奥さんが、ホタテを持ってきてくれた。今日は、良い玉が入ったから食べてと云った。加工場で働いているせいか、品物の良し悪しは判るらしく確かに、新鮮で貝柱もしまり立てに筋が入り、バッグンの味だった。

 昼に、同居人の友人Kさんから、アキアジが届いた。銀鱗の大きな雌で、イクラは醤油漬けとなり、身は息子の好物のチャンチャン焼きとなった。

 此処数日で、秋を満喫しました・・この後は納豆と味噌汁になると思う(暴)

 

 

 

 

第271話

オホーツクの風に負けた

2008/10/19

 カムバックサーモンナイトin網走湖

 今日は、地元観光協会主催によるイベントに参加した。会場は網走湖の水際で行なった。大正琴とケーナのコラボでオホーツク観光大使の「奈々華とその仲間達」と共演させて頂いた。とても勉強になりまた、そしてとても迷惑もかけました。会場に入ると、風が強く鳴り止まない状態で、微風になるのを願ったが止まなかった。

 今日はトンでもない「オホーツクの風」で風に乗るところか、落ちてしまいました(笑)。

 演奏も終わり、会場で食事をし、ホタテ・イカ・焼きばなどをいただいた。隣の家の家族も、来て聴いてくれたらしいく、今日は別の楽器を使ったの、何時もとは音が違ったような気がしたのでと私に言った。

 私は、苦笑いをし普段道理吹けなかった事を告げた。

 何時も、練習をしているが案外隣近所聴こえていることが判った。
 そろそろ、近所から苦情が来るのかな・・・

 

 

 

 

 

第270話

ダンス

2008/10/18

 コミセン祭り開催

 毎年この月に、地域のコミニュテイセンターに於いて利用者によるイベントを開催をしている。

 昨年同様、今年も参加人数の減少である、10年も過ぎるとマンネリ化となり集まりが悪い。これも、私達役員のせいでもある、奇抜な企画もない。

 そんな中、ダンスサークルが以前として活発である、会場を覗いてみると、7・80人ほど集まっていた。

 大半は70歳前後の方達で、身奇麗な衣装で特にご婦人は、色も鮮やかないでたちで、普段とは違う色合いで、靴も赤・ピンク・ラメとなる。

 タンゴ・ジルバ・チーク・ルンバなどを曲に合わせ踊っている。音楽を聴き、リズムをとりながら異性と向き合い踊る姿、見ているほうも楽しさが感じとれる。

 身なりも、気持ちも・・・時空を超えて戻っている気がした。

 

 

 

 


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15]

[16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30]

[31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45]