トップ>俊のつぶやき

 

G管 女竹(枯竹) 制作者 bun「めんちくのケーナ工房

[146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161]

[162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177]

【更新情報】2019.01.11) 第1829話を追加しました。

第1829話

交差点

2019/01/04

 正月三が日を過ぎると、果林も賑やかになった。

 俺のコースをまたいで、縦横無尽に獣の足跡が見える。まるで交差点のよう(爆)。1kほど増えた体重、明日は森の中を時間をかけ歩こうと。

 

 

 

 


第1828話

スノーシュー

2019/01/03

 長靴では無理なので、今季初のスノーシューを履く。

 雪が軟くて抜かるのなんの、丘を登るには膝を90度まで上げないと前に進まない。無理をしないでと、歩くが息があがる。特に「風の丘」では休んでは歩きと何時もより数倍の時間がかかった(笑)。

 正月の暴食、そしてまだ完治しないヘルニア良い運動となりました(爆)。明日は森の中を歩こうかと。

 

 

 

 


第1827話

飯寿司

2019/01/02

 歳前にIさんから頂いた飯寿司を食べる。

 Iさん今年は酢が強いという。なるほど、例年よりも少し酸っぱいようだ。

 昨年は温かく秋が長かった、そのせいで酢を多めにしたのだろう。アキアジの飯寿司、美味しかったです。そして具の大根も美味い、何故かと云うと我が家で栽培をした物である(笑)。

 

 

 

 

第1826話

謹賀新年 松石山初詣

2019/01/01








2019年 元旦

 明けまして おめでとうございます

 年頭に際し皆様のご健康と ご多幸をお祈り申しあげます

                      管理者 

 松石山 元旦初詣

 昨年は2日に参拝をしたが、今年は元旦に参る事ができた。

 今までは会社、家庭と正月を迎えるに当たり超忙しかったが、今は家庭だけ。お蔭で、歳を迎える準備も早めに行う事が出来、のんびりとした正月を初めて迎える事ができました(礼)。

 

 

 

 

 

 

第1825話

大判振舞え

2018/12/30

 今朝は予報通り荒天で雪が降っていた。

 昨夜2時半まで、編集作業をしていたので何時もよりは起きるのが遅い。同居人、朝からスズメが餌が欲しくて来ていたよと云う。外はふぶき、餌を投げても瞬くまに雪に埋もれる。

 今日は餌場が無く、何時もより数が多い。俺は普段より二倍の玄米を庭に撒くが瞬く間に食べてしまう。50羽ほど集まり、また餌を撒くと彼女は今日は大判振舞えだ事と笑みを浮かべ云う。

 彼女も、俺が起きる前に何回も来たので、可哀そうと餌を上げたと話す(笑)。

 

 

 

 


第1824話

補聴器のバージョンアップ

2018/12/30

 10月に補聴器のバージョンアップの連絡があったが、ようやく昨日時間が取れ行くことになった。

 T眼鏡店からの連絡では、12月25日までとあったが忙しくて行けなかった(汗)。だが、気が利く店長はメーカーに無理を言って年内まで機械を借りていたようだ。

 お蔭で年内にバージョンアップを終える事ができました。

 

 

 

 


第1823話

〆飾り

2018/12/28

 今日は寒かったぁー。
朝のうちにと有酸素運動に出かけた。俺はダウンの上下を着るがエゾリスは毛皮を着て、温かそうだった。

 出かける前に、神棚を下ろして行ったので、着くなり清掃をする。昨日から神飾りを準備していたので、室内、玄関、車庫、倉庫と飾り終えました。

 例年30日に行っていたが、今年からは28日としゆっくりと正月を迎える事にしました。

 

 

 

 


第1822話

自然を愛するもの達

2018/12/26

 有酸素運動コースを通ると、いくつもの足跡に出会う。

 エゾシカ、北キツネ、エゾタヌキ、エゾノウサギ、エゾリス、そして、俺の足跡と交差している。だが夜行性動物なので、日中は殆ど出会う事はない。引いて言えば、エゾリスが俺の前を行ったり後ろに着いたりとチョロチョロしているくらい(笑)。

 この空間は彼らと共有している里なのである。

 

 

 

 

 

第1821話

ホタテ

2018/12/25

 何も考えず、ただ食べていたホタテ・・。

 常呂産のホタテを頂く。蓋を開けると何か違う、それは貝殻の色である。

 白いホタテ:地まき式、天然ホタテで稚貝を漁場に撒き育てた

 物色の濃いホタテ:耳吊り養殖ホタテの耳に穴を開け紐に吊るす、ヒトデの食害を防ぐ二種類のホタテを、同時に見て初めて知る(汗)。

 味はと言うと、どちらも活貝生きが良くプリプリとした食感で大満足でした(味)。 

 

 

 

 


第1820話

果物の神様に

2018/12/24

 青森からサンふじ「蜜っちゃん」が届いたので松石山に向かい奉納をしました。

 神様も年の暮れ忙しいはず、栄養ドリンクも添える(汗)。

 

 

 

 


[146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161]

[162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177]