トップ>俊のつぶやき

 


Photo by Katsue Yamamoto

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15]

[16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30]

[31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45]

[46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65]

[66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85]

【更新情報】2008.12.26) 第296話〜第299話を追加しました。

第169話

多忙なオコンコロ

2007/09/25

 今年の、オコンコロは忙しそうですね。メンバーも増えて、フォルクローレの良さを市民に浸透させていますね。これからは、益々、演奏に磨きがかかり、人々に魅了する事でしょう。 機会があれば、聴きに行こうと思います。

 そうそう、今年も同居人が10月13日にコミセン祭りに、陶芸の作品を販売し、全額を社会福祉協議会に寄付すると、今から張り切っています。作品も、陶芸虹の会の仲間から、集めていますよ。Contaさんに募金箱を借りるよう頼まれましたので宜しく。

 

 

 

第168話

[雨男]

2007/09/16

 今日は「はなてんと祭り」でコンサートを行なう。

 昨日から雨がふり、天気予報では午後から上がる予報である。どういう訳か、私が野外コンサートとなる日は雨が多い。これで四回目であるが幸いな事に雨が上がった。昨夜から、鼻炎と風邪気味となったので、ズボン下を履く事にした。同居人は、本当に履くのと念をされた。(彼女、首を傾げていた)会場は、私の想像どうり寒く股引を履いて正解である。会場は、市民、企業ボランテアで春から花を植えて管理をしていた、そして今日は祭りとなった。赤、黄色、紫と色取り取りで、トテモきれいである。私は、舞台に上がり景色を眺め、遠くは知床連邦そして足元には花が咲き乱れている。この場所で演奏を出来ることに感謝を述べ演奏をさせてもらった。

 

 

 

 

 

第167話

「ふぁみりーコンサート」

2007/09/08

 昨夜は、台風で雨であったが、朝にはもう晴れていた、さほどの被害もなく過ぎ去ってくれた。だが、海上は大きなうねりで時化となっている。

 近じかに、野外コンサートの予定が2回ほどあるのでコウ太(喫茶店)の店に行き練習となった。どうせならと、器材も持って来たので、セットをした。

 準備が出来、コウ太の家族にも聴いて貰う事になり、即席「ふぁみりーコンサート」となった。当然のことながら、コウ太(犬)は前に陣取り、最後まで聴いてくれた。コウ太は、普段から自分に興味がないと、その場から離れる。

 演奏中、時折コウ太の顔を見ると、目が合う。私は、とても犬には思えないほど、行儀良く聴いてくれるコウ太が、可笑しく途中で演奏を止めて家族の人達と笑った。当のコウ太は、キョトンとした顔をし傾げていた。
 
以前にも、記載しましたが、叱られて、がお気に入りなんですよ♪・・・

 

 

 

 

第166話

アイリッシュバンド

2007/09/01

 久方振りに、コンサートに出かけた。

 友人の勧めで、チケットを購入した。スコットランドの音楽らしいと友人が説明をしてくれた。演奏が始まると、メンバーの中に見覚えのある人がいた。扇柳トールさんでした。昨年も、偶然彼のコンサートに行き、今年も偶然にも彼がいました。今日は、ラッキーである、私は、彼の笛の音色がとても好きです。聴いていて、とても癒されます。とにかくいい音を出します。彼のCDも持っています、本当に何回聴いても飽きない音です。そして、声も素晴らしくきれいです、残念な事に今回は聴けませんでした。一部の幕間で、お願いをしましたが、今回はサブなので歌は無いのですと言った。でも、嬉かったのは、昨年一度会っただけでしたが、彼は私を覚えてくれていた。
  次回に期待をかけよう「歌」・・・ 

 

 

 

 

 

第165話

真鯛がやって来た

2007/08/31

 友人のMさんが、魚を持って来たと、発砲スチロールの箱を置いてった。私は、鮭かなと思い蓋を開けてみると、なんと氷詰めの中に、真鯛が入っていた。Mさんが、奥さん魚をおろせるかい?と聞いたので、大丈夫ですよと言ったが、意味が解った。

 スーパーで、年数回、切り身を買って食べる程度である。まして我が家では、鯛1本を買う事はない、当然同居人は、悪戦苦闘でおろしていた。そして、知人にもお裾分けし、刺身、かぶと煮と楽しい夕食となった。薬味は、大分から送ってきたカボスを添えた。最近、大きなボタンえび、そして鯛が届き、縁起が良い気がした。昨年、今年と自分の身近な大切な人が二人も亡くなりとても、悲しい思いもし、また社内での不祥事もあったが、少しずつ転機されればと・・・

 

 

 

 

第164話

[口内炎]

2007/08/28

 等々、口内炎になり塩分の強い物を食べると、口の中がピリピリとし食事も不味い。あまり、噛まないので当然と胃が悪くなる。

 私の、疲れのバロメータ・・疲労がたまると口内炎になり易い。また、精神的にも負担がかかり、なる確立が高い、皆様は如何ですか?特に本州の方は、この夏の猛暑にあい如何過していますか。こうざんさんの処は、内陸なので気温は網走よりもたかいでしょう。そして、岡崎のケーナマンさん、まだまだ、暑い石垣島の童子さん疲労が溜まっていませんか。私は、唇が弱くヘルペスにもなり易いので、リップクリームは放せません、とにかく危ないなと思ったらすぐに塗ります。お陰で、ケーナを吹くことが出来ます。
 皆さん、唇のケアをして下さいね・・・

 

 

 

 


第163話

「チョット早い敬老会」

2007/08/22

 今日は、網走市郊外の音根内地区の敬老会と言うことで、ケーナ演奏を行なった。

 仕事(工事)では、地域の方には大変お世話になったので、依頼を受けたとき私にとっては、願ったり叶ったりである。当地域は、殆どが農業者で丁度、小麦の刈り入れが終わって一段落と言う事で、毎年早めに開催をしたと区長のIさんが言った。ここでは、メルヘンというとても美味しいカボチャの産地です。昨年食べたけど、とても美味しかったよとマイクを通して話したら、会場の人たちはとても喜んでくれた。

 区長の挨拶、副市長、道議会議長の祝辞があり、すぐに演奏をなった。ケーナを初めて聞く人達が殆どといった。とにかく、心を込め一生懸命に演奏をしたが、後ろの方で退屈そうな若い女性が目に付いた。会場を見渡すと、地域の若い奥さんが20名ほどボランテイアとして参加をしていた。私は、ゴメンネ退屈でしょうと言い、ご婦人たちが聞き覚えのある曲も演奏をした・・・

 演奏も終わり、会食となり私も席に付くことになり食事を取りながら、会話をしていたら、若いご婦人が私の席に来て、私達も癒されましたと告げられチョット嬉しくなった。 アリガトウ♪

 

 

 

 


第162話

激励の言葉!

2007/08/20

 こうざん先生、いつも心温まる激励の言葉を頂き、感激をしています。先生のように、人の心に残る音を出せるよう「少しでも」近ずければと思っています。今でも、先生の音が心に残っていますよ、あの感激が忘れません。

 最近、嬉しいことがありました、それは3年ほど前から依頼していた、私のオリジナルの曲が仕上がりつつあります。札幌のスタジオで、聞きましたがとても気に入りました、私の思うイメージ道理になっているからです。Fの音で作成されたので、早速F管をオーダ(bun)しました。今は、曲とケーナが届くのを毎日のように願っています。

 

 

 

 

第161話

「友人の祝賀会」

2007/08/19

 今日は、忙しい日であった。

 午前中は、地域のフリーマーケット開催役員として参加し、午後は、シンポジュウムがあり夕方まで参加した。

 その後、同じホテルで友人である宮川市議議長の祝賀会に、出席をした。交通栄誉章「緑十字金賞」受賞祝賀会と言う事で、地元市長、道議会副議長、警察署長他近隣の財界、金融関係と多数の出席者が会場に集まった。

 発起人から、ケーナ演奏を依頼された、どうにも断わることが出来なかった。主役が友人である以上やらざる、負えなかった。場所が、場所だけに何時もとは違い、どうなるのか見当も付かない。もう、どうにもなれで、司会者の紹介を受けステージに上がった。とにかく、ケーナを吹き始め今回はトークなしでひたすらケーナを吹いた。45分間吹きっぱなし、おかしい事に何時もとは違い調子が良かった。気良くし、アンコールが入ったので最後は、目一杯の音をだし演奏を終えた。

 とても、珍しい日であった・・・

 

 

 

 

 

第160話

「鎮魂歌」

2007/08/17

 「8月15日を忘れない!」

 1945年8月15日敗戦の日。当日、エコーホールで写真を展示し沖縄戦の戦跡を説明し、又、女性であるKさんが自ら、当時の戦争の体験を話し、終わりに孫達に同じ思いをさせないためにも、命の限り平和を訴え続けますと語った。

 今回、網走九条の会が主催し、写真展とつどいを開催した。私は、会の方から依頼をうけ、正午12時に「戦争の犠牲となった、すべての人々に」黙祷を捧げた後、レクイエム「鎮魂歌」として、ケーナ演奏を行なった。

 私にとっては、とても貴重な経験をさせていただいた。

 

 

 

 


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15]

[16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30]

[31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45]

[46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65]

[66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85]