トップ>俊のつぶやき

 

G管 女竹(枯竹) 制作者 bun「めんちくのケーナ工房

[146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161]

[162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177]

【更新情報】2018.10.29) 第1769話を追加しました。

第1689話

ジャガイモの花

2018/07/27

 園の一角にジャガイモの花が咲いていた。

 メークインの花と知った。ご承知のように、男爵イモとは違い煮崩れがしない。

 イモは楕円形のほっそりとした形はその名前とともに、イギリスのエリザベス一世が後押しして広めたと記していた。なるほど、どこか気品が漂ってるよなぁ~(拝)。

 例年2月3月まで熟成した、メークインをいただくが甘味が増し焼いて食べるのが一番かな・・(笑)。

 

 

 

 


第1688話

ホウキタケ

2018/07/26

 茶褐色の山の地面に白く生えている。
松石山、針葉樹、広葉樹の混生林で見つける。その姿かたちから山の珊瑚との称され非常に味の良い茸。太い茎の部分の食感はアワビをバター焼きにした時の食感そのもので天然キノコの中でも大人気と記していた。

 心配なら茹でてから水に3日くらいさらして食べるとよいとある。運悪く腹痛をおこしても、死んだしとはいないというが・・。

 アワビのバター焼きをした食感、ウーン・・同居人アホかと云う(爆)。

 

 

 

 


第1687話

ふまねっと 網走 1・2・3(ワン・ツゥー・スリー)

2018/07/25

 所用があり「いせの里」を訪問する。

 一階フロアーにいると、社協のJ会長と第三民児協のTさんと会う。J さんTさんはボランテァで当施設に来たようだ。

 ディサービスの人達を対象に「ふまねっと」。「ふまねっと」とは50センチ四方のマス目を踏まないようにゆっくりと歩くことによって、歩行機能の改善と認知機能、能の活性化が図られる運動です。

 最近、気になるのは平衡感覚が悪く体がよろけてしまう(汗)。

 聴覚が悪く補聴器使用をしているが、内耳の前庭器官、半規官が劣ってきたのか。おれもソロソロあぶねぇなぁ~(真)。

 

 

 

 

第1686話

なつがきた

2018/07/24

 今年初の冷やしラーメンをいただく。

 ようやく、我が家にも夏が来たようだ。彼女は実家秘伝のタレを仕込んだのか。

 何故か我が家の冷やしラーメン口に合う(味)。

 きっと美味いからなんだろう(笑)。

 

 

 

 

 

 

第1685話

桑の実

2018/07/23

 樹園淵の雑木林の葉が生い茂る中に桑の木が生えています。

 足を止め、ふと葉裏を見ると赤かった桑の実が黒く熟し始めていた。

 子供の頃、黒く熟した実をつまんで口に放り込と甘さが口いっぱいに広がったことを思い出す。

 桑の実、還元力が強く中国では漢方薬として有名と聞く。白髪にも良いらしい、ジャムにでもしてみようか(爆)。

 

 

 

 


第1684話

小鬼百合

2018/07/22

 松石山に入ると、オレンジ色の小さな花が咲いていた。

 見ると、花はうつむき茎もか細く弱弱しい。しゃごんで花を見るとどこでも咲いている山百合だべと写真を撮る。

タ イミングが悪く雨ふり後、待って居たかのようにやぶ蚊に襲われた(痛)。おまけに半袖シャッ、腕に5匹ほど刺している。

 山から下りて、薬を塗っていたら園主、行く前に塗れと笑う。

 今まで、何気なく見ていた花。調べてみるとコオニユリ「小鬼百合」在来種、鱗茎は食用とある。

 

 

 

 


第1683話

「いせの里」 祭り

2018/07/21

 いせの里祭りに行く。

 この写真は火事ではありません。盆踊り、カラオケ大会後恒例の花火大会です。ナイアガラの滝、入所者さんたちは目を奪われ歓声を上げていました。

 初めて行く祭り、駐車が心配でしたが行き届いた誘導をして頂き有難うございました(感)。

 準備をされた、多くのスタッフの皆様お疲れ様でした(礼)。

 

 

 

 


第1682話

タイムリー

2018/07/20

 Mさん、そばを打ったと届けてくれた(礼)。

 疲れた暑ーい夏の夜、冷たいざるそばをいただく。

 Mさんなんともタイムリーなこと、喉越し良かったなぁー。

 

 

 

 

 

第1681話

ピンチヒッター

2018/07/20

 樹園に行くと、園主草刈りに追われていた。

 長雨で芝生だけはいつもの年より伸びが早いようだ。もう4回目の草刈。綺麗好きな園主、整備に余念がない。

 手が離せないので、団体さんを誘導し安全指導をしてくれと云う。園主の指示を受け団体さんの引率となった。

 今度は、園主の同期夫婦二組が園に訪れた。小清水のSさんと足寄の従弟たち。これは事前に打ち合わせをしていた木まで案内をする。園主、機械から降りようとしない(笑)。今日の俺はどうやら、ピンチヒッターだ入園者は概ね36名でした。

 夏日のせいか、やたらと暑い。彼らのさくらんぼ狩りを手伝いで練習は中止にした(笑)。

 そして家に戻り、シャワーを浴び、パトライトの準備をし道の駅に向かい夏の最後の交通安全に参加をした。だが、これでは終わらない。家に戻り同居人を連れて「いせの里祭り」に向かう。

 今日は長ーい夏の日であった・・・。

 

 

 

 


第1680話

くもが泳いでいる

2018/07/19

 昨日までは冷夏、今日の気温は20度少々と寒がりのおれもYシャッ一枚で過ごせそう(笑)。風の丘上空には、くもが泳いでいるよう。春と夏が交互になっているが、本物の夏が来たのかも。

 練習をしていると、知人の御婦人三人がさくらんぼ狩りを終えて傍に来た。下手な笛ふいて、サクランボが腐ると抗議を受けるかと思ったが、そうではないようだ(汗)。

 挨拶後、雑談となりさくらんぼのレシピにまで及んできた。ジャムを作ったとか、まだ作っていないとか裏技にまで話が尽きない。一人の御婦人が俺に、前回教えて頂いたさくらんぼのシャーペット食べたけど美味しかったと礼を云う(汗)。

 俺はドキーンとした。調子の良いオレ、ネットで見ただけの事で作った事はない(笑)。すかさず他の二人が何々、教えてと俺に云う。仕方ないのでまたネットで覚えた作り方を話した。

 三人は、実際に作って食べていると思っているようだぁ(汗)。近々、本当に作ってみようと思います(真)。

 なんとも、平和な話である♪♪♪。

 

 

 

 


[146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161]

[162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177]