トップ>俊のつぶやき

 

G管 女竹(枯竹) 制作者 bun「めんちくのケーナ工房

[146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161]

[162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177]

【更新情報】2018.10.29) 第1769話を追加しました。

第1679話

オニシモツケ(鬼下野)

2018/07/17

 松石山参道入口に、白い花を咲いた野草を見る。

 山に入るとよく見る花。今までは、さほど気にをしなかったが、今回のDVD制作資料として調べている。

 撮影をし二日間もかかり、ようやく判明をする。

 バラ科シモツケソウ属の多年草。別名、ケナシオニシモツケ名前の通り5烈した葉は鬼の手のひらのようで葉の先は鋭い。

 

 

 

 


第1678話

パトライト(赤灯点滅作戦)

2018/07/18

 夏の交通安全週間(第一支部)

 今日は、自主参加にもかかわらず4名の出席。

 16:30~18:15まで実施しました。第一支部の委員さん、有がとうございます(感)。

 

 

 

 


第1677話

エゾシャクナゲ

2018/07/17

 昨日今日と本州は、38度40度まで気温が上昇し熱中症に見舞われている。

 こちらの気温は、12度15度と薄着をすると肌寒い。沢水の淵では遅咲きなのか、エゾシャクナゲの花がさいていた。明日の予報も13度とある(寒)。

 

 

 

 

第1676話

果樹園

2018/07/16

 サクランボ狩りシーズンに入っているが、客足が鈍い。

 雨、雨、雨と長雨となり裂果しカビが発生している。そんな訳で園主も気合が入っていない(汗)。来園する人には、好きなところを採っていけの一言である・・。

 今日は連休最後の日、止別のSさん孫を連れてきてサクランボ狩りを楽しんでいた。(孫守りなんだべ)

 午後からは、同居人と裂果除去をする(爆)。

 

 

 

 

 

 

第1675話

サクランボ ジャム

2018/07/16

サクランボのジャムが仕上がりました

 

 

 

 


第1674話

選 別

2018/07/14





 サクランボの選別をする。

 裂果したサクランボ、勿体ないのでジャムにでもしようかと。

 作り始めたようだぁ(味)。

 

 

 

 


第1673話

moltutainai

2018/07/12

 午前午後と打ち合わせも終わり、着替えて果樹園に行く。

 今日は久方ぶりに、お天とう様が顔をだし気温も上がってきた。同居人とサクランボ狩りをと園に入るが。木を見るとビックリ、3回も除去したのに、陽があたりひび割れがひどい。気合を入れてきた彼女も肩を落としたようだ(笑)。

 今日も裂果除去をしようと、脚立に上がり取り始める。だが中には今日割れたばかりの完熟した実もある。moltutainaiからと選り分けてジャムにでもしようと彼女に云うと、そだねぇと言い選別をはじめた。

 園主、3月早々まだ雪深い時期から剪定をしている果林。少なくとも、オーナー木として5年もお世話になっている。普段の管理はオーナーさん達の務め、食べるだけではなくもっと可愛がってください(願)。

 そんな訳で、今日も裂果除去でした。明日こそはと沈む夕陽を背にして帰宅する。

 

 

 

 


第1672話

メジャーリーグ(MLB) ファン

2018/07/09

 お盆参りで住職が訪れる。

 うちの住職、大のメジャーリーグファン。挨拶もそこそこに、エンゼルスの大谷選手が勝ち越しの代打ホームランを打ったことをつげた。

 仏壇の前に座ったが、振り返り微笑を浮かべ、あの選手はなにかを持っているんですねと話す。お蔭で元気が貰えたと上機嫌である(笑)。

 住職の仕事が始まりお経を唱える。だがお経の途中に焼香台を渡してくれるはずなのに、お経が終わった。住職気が付いたのか、あっスイマセンと焼香台を渡し再度お経を唱える(汗)。

 そして、居間に戻るとすぐにTVチャンネルを取りBSにあわす。チャンネルを巧みに使いデーター放送に切り替え、メジャー情報見て確認し、私に説明をしてくれる(笑)。どうやら、うちの坊さん(住職)テレビっ子のようだ(爆)。
          南無釈迦牟尼仏・・

 

 

 

 

 

第1671話

薬剤散布

2018/07/08

 雨もようやく過ぎたようだ。

 天候が悪く、散布時期を逃し今日か今日かと待っていた。この後、病気が更に発生するはず。

 晴れ間が出たので、急いで庭木に散布する。春一回の散布のわりにはプルーンは例年より良いようだが、ぶどうの葉が虫食いとなつていた(怒)。

 取り合えず、散布終了したが数日雨が降らないよう願う。

 

 

 

 


第1670話

クマ目撃情報

2018/07/08

 お知らせメール@あばしりから携帯電話に情報発信された。

 目撃場所は天都山周辺、松石山も同じエリアに当たる。エゾシカ、北きつね、エゾ狸、エゾリスと出会うが未だクマを目撃をしたことがない。

 情報入る都度、同居人は音のなる物を携帯しないとと心配をしてくれる。偶然その日も松石山に入ったが、いつもおやつを待ち受けている、カラスの親子とキジバト夫婦だけだった。

 近年、クマの個体数がふえたようだ、気をつけようと。

 

 

 

 


[146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161]

[162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177]