トップ>俊のつぶやき

 

G管 女竹(枯竹) 制作者 bun「めんちくのケーナ工房

[146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161]

[162] [163] [164] [165] [166] [167] [168]

【更新情報】2018.07.17) 第1673話を追加しました。

第1669話

裂 果

2018/07/06

 雲は鈍よりとし、空は鉛色に覆われていた。3日も降り続いた雨で、沢水は増水し強い音をたて流れている。

 この長雨でサクランボは傷んでいるだろうと、果林を見て歩く。思った通り、早生の紅さやかは烈果していた(怒)。

 この時期の6月末から7月上旬は雨が降りやすい季節。大きくなって色づき始める頃にサクランボが雨に当たると、雨に濡れたサクランボは実が割れてしまいます(裂果)。サクランボの実には、目に見えない小さな穴がたくさんあり、そこから果実に水が入り込んで膨らみ、実が割れてしまうと記していた。

 また、国産のサクランボは改良し糖度が高まり吸水力が増大する事により起こるともいう。

 我が家のオーナー木「佐藤錦」糖度の高いサクランボ。まだ色つきは進んではいないが、裂果しているのもある。小雨のなか、割れた実を除去をする。今日は低温10度を切っている。彼女に言われ、タイツを穿いたが寒い事寒い事手もかじかむ状態である。除去も終わらせ松石山に登り豊穣祈願をして帰宅をした(寒)。

 

 

 

 


第1668話

傘をさして

2018/07/03

 予報通り雨が降っている(怒)。

 サクランボもこの時期、雨は大敵だ。数日雨に当たると完熟前に実が割れてしまう。

 今のうちにと、傘をさし雨に打たれるサクランボを撮る

 

 

 

 


第1667話

サミット

2018/07/02

 気温29度、果林を一周するが汗が止まらない。笛を吹くと更に汗が噴き出る(笑)。

 練習も途中でやめ、果林に入り写真を撮る。サミットが赤くなり始めた。このサクランボ、アメリカンチェリーのように赤黒くなると食べられる。

 最初見たときアメリカンチェリーかと思ったが、違うようだ。実は大きく酸味がありあっさりとした味、サミット。今日は気温29度、明日の予報は18度と気まぐれ天気でサクランボも大変なようだ。

 

 

 

 

第1666話

総合スーパーへ

2018/07/01

 北見で買い物をと総合スーパーに向かう。ここに行くのは数年ぶりである。

 店内を歩くが、さほど欲しいものはない。チョットは変わったかなと期待をしたが以前と同じようだ。他の店舗にいくのも大儀なので、適当に買い物をする。

 昼時なので、1階のファーストフードでと同居人とすます。以前は、天物、麺物などだが歳を重ねる事に、なんでも食べられる。今まで、菓子類と思っていたピザだって食事としてすませるようになった(笑)。

 彼女や息子にあわす努力の結果かなぁ~。

 

 

 

 

 

 

第1665話

かに座 誕生日の前祝い

2018/06/30

 朝、K君から元気のよい、活かにが届いた(嬉)。俺はかに座、誕生日(3日)前に好物の毛がにが届いた(礼)。

 元気の良いかにも、諦めたのかまな板のかにとなっている。大鍋の湯も沸騰したので、入れようとすると身の危険を感じたのか足をバタつかせ始めた。

 だが我が家の執行人、顔色変える事なく沸騰した大鍋に放りこんだ(熱)。

 前祝いに・・美味しかったことには間違いは御座いません。

 

 

 

 


第1664話

朴ノ木

2018/06/28

 朴ノ木(ホウノキ)木蓮科

 松石山参道入口に朴ノ木の花が。この時期最後の花だろう。花もちは短く、数日だけですぐ変色し終わりを告げる。

 山にも4~5本自生している。葉が大きく20~40cmほどになり花もごらんのとおり、25cmは超えている。

 

 

 

 


第1663話

初狩り

2018/06/27

 除去も終え、幸せの丘にはいると早生のサクランボが色着いたので、一握りほど初狩をする。我が家のサクランボ、まだ青々としおまけに蜂の巣がなっていた(汗)。

 風の丘を登りきると、カラスの親子三羽が待ち受けている(笑)。松石山に入ると、木が密集しているので強い雨もさほど気にならない。

 参拝後カラスには、いつも置く場所に食パンを置き、エビネを眺めてから、駐車場で熱いコーヒーを呑む(楽)。

 

 

 

 


第1662話

雨降りに・・

2018/06/27

 朝起きると、雨が降っている。
今日は全道的に雨と予報通りだった。2,3日有酸素運動をしていないので、雨具を着ていくことにした。

 同居人、ニヤニヤして松石山のお供物とカラスの餌を用意をしてくれた。彼女、カラスに会いたいのでしょうと笑っている。

 園に着くと、雨が更に強く降り出した。果林にはいり我が家のサクランボの末成りの実を除去していると、風鈴のような蜂の巣が目の前に・・。かんべんしてよー(驚)。

 

 

 

 

 

第1661話

NYタイムズ ベストセラー

2018/06/26

 NYタイムズ ベストセラー! シリーズ累計100万部

 「1日1ページ読むだけで身につく、世界の教養365」

 新聞広告に毎日5分で1年後、世界水準の身がつくとあり、購買をした。

 疲れがでたり追い詰められると、普段より本が読みたくなる傾向がある(汗)。

 最近、御悔み2件、会議、演奏会と遊びで疲れがピークを達しているようだ。この本読んで、果たして身につくのかなぁ・・・(爆)。

 

 

 

 


第1660話

木漏れ日

2018/06/25

 動物の水飲み場に入ると、木漏れ日がさしている。

 あたりは三つ葉の群生地。沢の水音が聴こえ、いっそうと神秘さを漂わしていた。

 今日と明日は、町内御悔みのお手伝い。先週から遊び過ぎたのか、チョットお疲れのよう(汗)。

 

 

 

 


[146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161]

[162] [163] [164] [165] [166] [167] [168]