a

トップ>俊のつぶやき

 

A管 ホウライチク 制作者bun「めんちくのケーナ工房

[146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161]

[162] [163] [164] [165] [166] [167] [168]

【更新情報】2018.07.17) 第1673話を追加しました。

第1629話

マメコバチ(在来種)

2018/05/23

 花から花へと、受粉作業に忙しいマメコバチ。

 このマメコバチは、れっきとした在来種である。ヨシの筒に巣を作る。ミツバチやスズメバチとは違うようだ。おまけに低温に強いと記している。

 昨日から気温も上がり、活発な活動をしているハチ君。今年も沢山の実を付けてくれるだろう。

 

 

 

 


第1628話

セイヨウオオハナバチ(外来種)

2018/05/23

 こちらのデカマルバチは外来種。

 ハウス内で受粉をさせていた輸入バチ。ハウスから逃走し、在来ハチを枯渇させている。

 家の花畑でも、我が物顔で飛んでいた(怒)。

 

 

 

 


第1627話

サクランボの花が満開に

2018/05/22








 エゾヤマザクラが咲き終えると、梅、サクランボ、プラム、梨と開花し果樹園も、一層と賑いを増し和ましてくれる。

 幸せの丘を過ぎると、果林の背景に左に海別岳、右に斜里岳を見ができた。

 満開 満開 この木のオーナーはshunです♪♪♪

 

 

 

 

第1626話

エッセイ集 浜ぼうふう 15集

2018/05/21

 私はこのエッセイ集、第1集から購読をしている一人である。

 今回15集が発行された。あとがきを読むと、浜ぼうふう15集ができた。これが最後の私達のエッセイ集になるかもしれない。

 毎月一回、作品を持ち寄って合評して、お菓子を食べて楽しい集まりだった。日々の出来事やむかし話など、生活環境の違う人達がてんでに思いを書き記したエッセイ集。

 共通点があるとすれば同じ地域に住んでいること、書くことが好きなこと、高齢者が増えたことでしょうか・・・etc。

 1995年第1集〜2018年第15集と20数年続いた会。

 私が、ケーナを始めたのが1996年とほぼ同時期である。縁があり、この会とは当時から途切れることなく交流が続いている。10数名の会員、文筆家の菊池さん、故吉阪さんにお世話になったことが昨日のように思い出します。特にお世話になった吏沙子女史、私のCDアルバム制作にあたり、文書指導など並みならぬ助言指導をして頂き感謝に堪えません。

 会員の皆様の作品を拝読をするのが、これで最後と思うと残念というか寂しい限りです。

 皆様の、心温まるエッセイを永年拝読させて頂き、有難う御座いました(礼)。

 

 

 

 

 

 

第1625話

観桜会?(焼肉)

2018/05/20

 今日は町内会恒例の観桜会。

 バスで郊外にある原生牧場に向かう。車中、辺りの景観を見るが桜は殆ど散って葉桜である(笑)。

 店舗に入ると、他の町内会も2・3入っていたようだ。この日耀日で観桜会も最後かも。

 昨日、今日と肉攻めで胃も疲れ気味。夕食は軽ーいものと、蕎麦をオーダーすることにした(爆)。

 

 

 

 


第1624話

急きょ

2018/05/19

 夕方、A君が訪れヤチブキと行者ニンニクを届けてくれた。

 醤油漬けをしようかと言ったら、同居人がこれだけあるのだから焼肉と一緒に少し食べようと云うことになった。

 肉はあるのと聞いたら少しあるという。そんな訳で行者ニンニクがメインとなりました(爆)。

 明日は日曜日、月曜日には匂いは消えるだろう(笑)。

 

 

 

 


第1623話

助成金交付式

2018/05/19

 平成30年度赤い羽根共同募金助成金交付式

 日 時 平成30年5月19日(土)午前10時30分

 場 所 網走市総合福祉センター 大集会室

 平成29年、共同募金運動70周年を迎え北海道から網走市に助成金が割当られた。

 皆様からの募金として頂いた、貴重な浄財を市内で行う地域福祉事業をはじめ、高齢者福祉活動事業、障がい児(者)福祉事業、児童・青少年福祉活動事業等への支援として助成をした。

 そして、助成を受けた各団体・グループ代表者が事業説明をする13団体を聞き感銘をうける(礼)。 

 

 

 

 


第1622話

カッコウが鳴く季節

2018/05/18

 森に入ると、カッコウの鳴き声が聞こえてくる。

 夏を告げる鳥と聞くが、昔からカッコウの鳴き声は、「種まき時期」を知らせると言われ、そろそろ霜が降りる心配もないと云うことらしい。

 そう言えば、子供の頃大人たちが話していた事を記憶している。

 奥へ進むと、カッコウ・カッコウ、デーデーポッポ・デーデーポッポとキジバトの鳴き声も聞こえてくる。

 森は広葉樹や野草が芽吹き始め、新緑を増してきた。

 

 

 

 

 

第1621話

梅の花

2018/05/17

 梅の花が満開となった!

 梅の花芽は桃と異なり、一節に1個となるため、桃に比べ開花時の華やかな印象は薄いらしい。

 たしかに、桃よりは薄いが目を奪われる(差別はない)。

 

 

 

 


第1620話

草刈り作業

2018/05/16









 先日、園に行くと草刈作業が始まっていた。

 桜を背景に草刈りに励んでいる園主!

 里の住人なのか、カラスは心地良さそうに散歩を(笑)。

 このカラス君、ケーナを吹くと一緒に鳴き、止めてまた吹くと同時に鳴きだす・・・。

 全ての曲ではなく、○○○曲が好きなのかなぁ(楽)。

 

 

 

 


[146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161]

[162] [163] [164] [165] [166] [167] [168]