トップ>俊のつぶやき

 

F管 女竹(人工煤竹)制作者 bun「めんちくのケーナ工房

[146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161]

[162] [163] [164] [165] [166] [167] [168]

【更新情報】2018.07.19) 第1677話を追加しました。

第1569話

園主の友人

2018/03/17

 今日は何時もより早めに行くと、園主チョット驚いた顔をする。10分ほど茶を飲みながら歓談し、彼は剪定作業に俺は有酸素運動と。

 今朝は冷え込んだので、抜かることなく順調だ。休憩所に戻り連習をする。

 程なく、園主の友人Iさんが訪れる。Iさんは公務員と聞き及んでいるが、親しく話はした事がない。会っても挨拶程度である。

 そんなIさん、ケーナに興味があるのか手に取って眺めている。そして色々と質問をしてきた。材料を購入し制作をしたことや、管を購入をした話をする。奇遇なことに彼は「めん竹工房」の管もあるという(驚)。

 今日は、思わぬ事にケーナ愛好者に出会った(嬉)。

 

 

 

 


第1568話

森林浴~森の香り

2018/03/16

 今朝の新聞で森林浴で健康になろう「風邪、せき防止に抜群の威力」とある。

 森林浴がなぜ健康に良いか。その秘密はフィトンチッドにあるという。森林から発生されている物質で、微生物を殺す作用を待っている。このフィトンチッドが風邪防止、せき防止に抜群の威力を発揮してくれる。

 またストレスの解消、自律神経の働きが活発になり、イライラがきれいに吹っ飛んでしまう。これは森の地表面から出る磁力線が効果を増してくれる。

 フィトンチッドの効果は木によって違う。百日せきはモミ、腸チフスや結核にはポプラやユーカリ、強心作用はヒノキ。

 弱心の俺は、気を頂こうと行く都度ヒノキを仰ぐが(汗)。

 

 

 

 


第1567話

ピアノのある喫茶店

2018/03/13

 某監査会後、ピアノのある喫茶フォルテによる。

 以前はよく通ったが、ここ二年ほどは月一で訪れる。行く都度、カウンター席は満席だが今日は空いていた。

 久方ぶりに常連客と歓談することが出来ました(嬉)。

 ママを始じめ、皆様方が元気でなによりだ(楽)。

 

 

 

 

第1566話

剪 定

2018/03/13

 連日の気温で園の雪も融け、スノーシューも抜かる事なく快適である(嬉)。

 園主は2,3日前から剪定に追われている。これから4月末までに剪定を終わらせる。俺は園主の処に行き、チョット仕事の邪魔をする(笑)。

 歩き終わって、休憩所に入るとIさんが絵をかいていた。程なく園主も戻って来たので、お茶しようと三人でコーヒーを飲む。

 二人の手を止めた俺は、どうやらお邪魔虫のようだった(爆)。

 

 

 

 

 

 

第1565話

春作業

2018/03/13

 春を迎え、果樹園も融雪剤散布作業が始まる。

 

 

 

 


第1564話

水墨画

2018/03/10

 空はどんよりとし、お気に入りのオホーツクブルーは見えない。ごらんのとおり風景は、まるで水墨画のよう。

 今日は手もカジカミ辛い練習となった・・。

 

 

 

 


第1563話

春の嵐

2018/03/09

 強風と雨、気温は4月並みと辺り一面雪が融けはじめた。

 昨夜の強風で、小枝が散乱をしている。この気温で雪は一気に暖み抜かるは抜かるは。そして雨に当ったせいか悪寒がする。でも少しは練習もしたが(笑)。家に着くなりカゼ薬を飲み大事をとる。

 昨日今日と、道内雨で大荒れ河川が氾濫し多数の人達が避難をした。

 

 

 

 


第1562話

Yさん

2018/03/07

 森の入り口で樹木を仰ぎ見ていたら、後ろからオーイオーイと叫ぶ声が聞こえる。振り返り見ると、Yさんがスノーシューでやってきた。

 彼は今年初めてのトレッキングと笑みを浮かべ、この時間帯だと会えるだろうと思い来たという。

 私は下で待ち合わせをと言い、森を歩くYさんの姿を目で追うが何ともぎこちない(笑)。

 そうなんです、彼は移住者で都会人なんです。北海道に魅せられ一年の大半は網走に住んでいます。松石山の四季を楽しんでいる一人でもある。

 そして、熱ーいコーヒーを呑みながら憩談を(楽)。

 

 

 

 

 

第1561話

スケッチ

2018/03/06

 休憩所をのぞくと、Iさんがいる。

 彼は、窓べりに座り時折外を見て忙しく手を動かしている。どうやらスケッチをしているようだ。私に照れ笑いをし挨拶した(笑)。

 手を休め、DVD「松石山の四季から四季へ」を見て、自分もと旧家屋をスケッチしていると話してくれた。

 彼は長年、あばしり流氷祭りの雪像指導者としている。メイーン像のイラストなども手掛けていた。

 Iさんは芸術家なんです(礼)。

 

 

 

 


第1560話

松石山のお供物

2018/03/04

 買い物のお供にスーパーに出かける。

 毎度ながら、何食べたいのと聞かれる・・・。何時ものごとく、何でもいいと答える(笑)。

 俺は、おやつを選ぶのに忙しい。好きなものを選び松石山参拝にお供物あげていただくのだ。

 この調子だと、松石山メタボにかるかも(爆)。

 

 

 

 


[146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161]

[162] [163] [164] [165] [166] [167] [168]