トップ>俊のつぶやき

 

G管 女竹(枯竹) 制作者 bun「めんちくのケーナ工房

[146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161]

[162] [163] [164] [165] [166] [167] [168]

【更新情報】2018.07.17) 第1673話を追加しました。

第1509話

謹賀新年

2018/01/01

 あけましておめでとうございます

 おかげさまで、今日ここに2018年の新春を皆様と共に迎えられましたこと心から感謝を申し上げます。

 この新しい年が皆様とご家族に取りまして、より良き年になります様、心からお祈り申しあげます。

                     管理者

 

 

 

 


第1508話

大晦日

2017/12/31

 大晦日、今年もMさんご夫婦が手打ち蕎麦を届けていくれた。

 年越し蕎麦、我が家では温かい派と冷たい派と分かれる(笑)。

 私と同居人は冷たい派である。特に手打ちは冷たいのに限る。

 蕎麦の香りを楽しみながら、新たなる年を迎えようと(礼)。

 

 

 

 


第1507話

思い出アルバム

2017/12/30










 岡崎からケーナが届く!

 今月、12月17日にも送られてきたが、30日2本目が届いた。G管、前回とは違い内径20φmmの太目の管である。室内の練習にはもってこいの管で3Bは楽に出ると記載されている。

 早速、試聴をしていたら奥で掃除をしていた同居人が、ほれと2枚の写真を手渡してくれた。

 それは2009(平成21年)6月28日に我が家で撮ったものである。偶然、アルバムに挟んでいた写真が下に落ちたという。もう、8年6ヶ月も経ったのか懐かしいなぁ。

 管のウンチクはできない、ただ制作者云うように3B音がいい。

 IL SILENZIOを演奏をするときに、吹かせてもらおうと(礼)

 懐かしいそして貴重な写真

 北緯24度の沖縄 石垣島の南洋のケーナマンさんご夫婦そして北緯34度の愛知 岡崎のケーナマンさんご夫婦が北緯45度の網走に訪れてくれた時の一コマ。

 皆様、元気でなによりなによりである(嬉)。

 

 

 

 

第1506話

フレア現象

2017/12/29

 松石山を撮るとオーブのような青い球形が映っていた。

 秋に撮った時も同じように、映っている。日にちは違うが他にも数枚ある。調べてみると、逆光で撮るとフレア現象が起きるとある(爆)。

 最初はUFO(未確認飛行物体)かと胸を刺される思い(笑)。

 UFOを、信じる信じない、俺は信じる派である(真)。

 2017年最後の他愛のない出来事でした。

 

 

 

 

 

 

第1505話

正月用飾り

2017/12/28

 今年の〆飾りは、どれにしようか・・・。

 神棚は例年ごぼう〆と決まっているが、玄関用はカラフルな飾りをつけるのが我が家の習わしである。

 和やかで明るさを感じさせる飾りがいい、さて今年はと。

 

 

 

 


第1504話

にしんそば

2017/12/27

 京都「 松葉のにしんそば」を食する。

 にしんそば、食べたのは50年ほど前以来である。年の暮れ、当時を懐かしむ味でした。

 

 

 

 


第1503話

小さなツリー

2017/12/24

 石碑のそばに、萌芽したのか小さなツリーのような幼木が目についた。最初、蝦夷松の孫生え(ひこばえ)かなと辺りを見ると大きなイチイ(オンコ)の木が立っている。

 萌芽更新をしているのだろう。松石山もXmasのようだ(拝)。

 

 

 

 


第1502話

ゴ チ

2017/12/23

 Xmas前夜祭

愚息から近所の寿司店に招待を受ける・・ゴチ(礼)。

 

 

 

 

 

第1501話

冬 至

2017/12/22

 ロロンかぼちゃ

 秋、野菜即売所でラクビーボール形のかぼちゃが目にはいる。同居人、サークルでNさんが持ってきたのを試食したが、甘くホクホクとして、とても美味しかったという。

 我が家も1個買うことにした。今夜は冬至、ラクビーボール形のかぼちゃ品名ロロンをいただく。湯掻きたてのロロン、試食した彼女、甘い!砂糖で煮込んだようという。

 そして、甘みを利かした小豆あんをタップリと器にもり、かぼちゃが溺れるほどにしていただいた(甘)。

 

 

 

 


第1500話

観客は蝦夷狸

2017/12/22

 今日は、ー2度と昨日と比べると暖かい。

 休憩所の入口に、一頭の蝦夷狸が日向ぼっこをしている。そばに近ずくと、チョット距離を置きまた戻る。よく見ると首から胴にかけ毛が抜けている。事故にでも会ったのか足も悪いようだ。

 キツネと違いタヌキは家族での行動をとり夜行性なので日中見るのは珍しい。また、動きが鈍いので道路横断中車にはねられる率が高い。

 スノーシューを履きコースを一周し戻ると、タヌキはまだいる。出発前に、ミカンとひまわりの種を与えたが食べた様子がない。傍で練習を始めるが、逃げる様子もない・・・(汗)。

 集団から追い出されたのか、悲しそうな顔をしているようにも見えた。いつまでいるのかタヌキ君、結局練習終了まで聴いてくれた。

 

 

 

 


[146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161]

[162] [163] [164] [165] [166] [167] [168]