トップ>俊のつぶやき

 

G管 女竹(枯竹) 制作者 bun「めんちくのケーナ工房

[146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161]

[162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173]

【更新情報】2018.09.18) 第1729話を追加しました。

第1499話

さむーい日

2017/12/21

 網走も今日は冷えました。

午前、北見に向かうとき網走は−5度、嘉多山グリーンヒルで-10度、北見に入ると−15度と内陸に入るほど気温も低い。

 ちなみに、今日の最低温北見−22.7度と道内3番目で網走は−11.9度となっている。日本一寒い町、陸別は−24.5度と1番でした(寒)。

 帰りにグリーンヒルから網走湖を望むが完全に結氷をしていた。晴天で寒い日のせいか、遠くには藻琴山が見える

 

 

 

 


第1498話

冬至が近い

2017/12/19

 足寄の獺祭従兄弟から頂いた、十勝小豆を選っている同居人。

 下拵えが大変と、数日かけて終えたよう。二日ほど前から水煮して完成。彼女、冬至が近いからカボチャ汁粉にと。

 冬至にはカボチャを食べる、脳卒中や風邪を引かないようにと。なるほど、そして金運を祈願する意味もあるという。後者はもう無理だろう(笑)。

 我が家は、カボチャ少々小豆あんタップリ入れ食べる事にした。この、あんで彼女を含め俺の周りにはブタになる人も居るかも・・・(爆)。

 

 

 

 


第1497話

風の丘にむかう

2017/12/18

 もう辺り一面雪原となり、森の動物達は至るところに足跡を残している。

 夏場も同じなんだろう。私の歩くルートには、彼らは糞を残して誇示しているようだ。また時には追跡されることもある(笑)。最近は蝦夷リスに声をかると、馴れたのかお出迎えをしくれる。

 そして、なぜか風の丘から松石山へ入る途中に電話がかかってくる。

 今日は、Wさんが休憩所にいると連絡があり、下山しているむねを伝え戻る。

 彼の、用件を聞きながら熱ーいコーヒを飲み会話が弾む(感)。

 

 

 

 

第1496話

はやXmas Presentが届く

2017/12/17

 北緯34度のサンタさんからケーナが届いた。

 箒ケーナ以来である。地場産の唐竹製の渋みのあるG管。

 作者の豊富な人生か、深みある音色が響いてきた(礼)。

 素晴らしいプレゼントを頂きました(感)。

 

 

 

 

 

 

第1495話

大忘年会

2017/12/16

 午後から某理事会に出席をし、その後忘年会の招待を受け市内ホテルに入る。

 会場は大広間、大勢の人で埋め尽くされていた。局長に聞いてみたら、360数名の参加者と話す。驚いた事に全員ではなく、夜間勤務の人が50名ほどが不参加という。

 これだけの人数、芸達者な人も多く賑やかである。そして、お楽しみ推薦会はさらに盛り上がりをみせた(笑)。豪華な景品の時は一際歓声があがる。

 おれは、外れでごみ袋2パックも頂いた(爆)。この景品は同居人が喜ぶ品でもある。二時間半も大勢の中にいて人に酔ったようだぁ。今夜は楽しい、大忘年会でした(礼)。

 

 

 

 


第1494話

保存食

2017/12/15

 今日は好物のキノコの野菜炒めが夕食に添えてくれた。

 松石山、自然の恵みボリボリを頂く(味)。

 

 

 

 


第1493話

履き始め

2017/12/14

 スノーシュー今季履き初めとなった。

 昨夜の荒天、積雪多くべた雪で抜かるんで歩く状態ではない。早速履いて歩くが、昨年同様2・30歩歩くと息切れし一休み、また進むが段々と休む回数が増える(汗)。

 今日はちょっとズルして3分の2ほどで終わらした(笑)。

 

 

 

 


第1492話

定例会

2017/12/13

 荒天(吹雪)のなか郊外の会場に向かう。

12月、定例会後に忘年会も予定となっている。例会を費やす時間も通常通り、会場は時間の制約があり忘年会はアッという間に終了となる(笑)。物足りない人も居ただろうが、飲まない俺は丁度良い時間だった(笑)。

 短い時間ではあったが、委員の人達は和気合いあいと会話も弾み懇親を深めていた。当番委員の皆様、お疲れ様でした(礼)。

 

 

 

 

 

第1491話

これからは倍の運動量

2017/12/11

 気温5度と暖かく抜かる事、夏場と違い倍の運動量だ。

 何時ものコースを終えたが、汗ばむほどで気持ちが良い。

 

 

 

 


第1490話

北緯34度55分からの便り

2017/12/10

 昨夜、電話・メールを頂き、また投稿をしてくれた旅人ケーナマンさんから。

 北海道を征服したことには驚きました。さらにYさんは国内はもとより海外を旅しケーナを響き奏でている奏者。また、器用なかたで自作のケーナを使用をしているのが凄い。

 どう言う訳か、私の友人知人は物作りの器用な方が多いようだ。他の分野に措いても、達人者が多く随分助けられている(嬉)。

 今回は、ちょっとだけ役立った事が嬉しい。

 

 

 

 


[146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161]

[162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173]