トップ>俊のつぶやき

 

G管 女竹  制作者bun「めんちくのケーナ工房

[86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105]

[106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125]

[126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143]
【更新情報】2017.09.22) 第1425話を追加しました。

第1425話

〜 大スズメバチを捕獲 〜

2017/09/17

 今年の夏はスズメバチの飛来がなく果樹園の被害が殆んど無かった。これで収まるのかなと思ったが同居人、庭にスズメバチが頻繁に来ているという。

 彼女、トラップを作ったらと急かすが俺はさほど気にせず聞きながしていた。

 昨日、冬に入る前にと玄関の階段に滑り止めマットを張る作業を見ていた彼女、私トラップを作ると3個も作った(汗)。

 庭に吊るしたトラップにスズメバチが入らないかなと、頻りに見ている(笑)。しばらくしてから彼女突然入ったと庭にでる。

 俺もつられて庭に出る。見ると2個のトラップに3匹捕獲していた。1匹は大スズメバチ、巣を作るのかとにかく大きい。

 自分で作った捕獲器に入ったスズメバチをみて満面な笑みを浮かべていた(驚)。報復されなければと願う俺(汗)。

 

 

 

 


第1424話

〜 ひまわり 〜

2017/09/16

 園に入ると、ひまわりが開花していた(笑)。

 今週は日程がふさがり、一週間御無沙汰したがその間に咲いたのか。

 花は一せいに向き、ほほ笑んでいるかのように迎え入れてくれた


 どこまでも続く、一面のひまわり畑。青い空に白い雲と黄色いひまわりの花が一段と輝いていた。

 この里のオアシス、なんとも贅沢ことか(嬉)。

 

 

 

 


第1423話

2017/09/11

 これからは菊のシーズンにはいる。

 我家の庭にも、ぽっりぽつりと咲いてきた。ここ数年、成績が良くない。葉の色も以前とは違い薄緑色である。

 毎年、何種類かの菊を植えるが消滅る(汗)。土壌改良をしなければと、彼女は計画を立てている様だ。

 今年も、2種類ほどの菊を買い求めたが・・・。

 

 

 

 

第1422話

〜 夕方菜園に 〜

2017/09/10

 菜園も雨が欲しい。昼すぎにわか雨が降ってきたので二見の状況をと電話をする。

 残念な事に、ちょろっと降ったと連絡がきた(怒)。我々二人はなーんだぁと落胆し買い物に出かけた。

 買い物途中に又連絡が入る。農園主、我が家の大根を見に行ったら一段と成長をしていたという。

 彼女にその話をしたら、ニンマリとし買い物もそこそこにして、直ぐに菜園にいくべしと云う始末(爆)。

 大根を植えてから34日目、もうイッパシである。一週間ほど前に肥料を散布した効果だねと満面な顔で私に話す(笑)。

 

 

 

 

 

 

第1421話

ハウス・レラ通信

2010/09/09

 ハウス・レラ通信 8月号が郵送されてきた。

 ハウス・レラのホームページができましたと記載されている。

 そして、8月24日(木)のケーナ演奏会の様子も取り上げていたので文面を添付しました(嬉)。

 

 

 

 



第1420話

天都山 アンテナカフェ

2017/09/09

  はなてんと、展望台にある「天都山アンテナカフエ」に行く。

 前回は店舗が休日だったので、練習後に向った。店内に入ると川田女史、笑顔で迎えてくれた(笑)。

 女史と会うのは久方ぶり、互いの近況話で盛り上がりました。

 

 

 

 


第話

2017/00/00

 

 

 

 


第話

〜 〜

2017/00/00

 

 

 

 

 

第話

2017/00/00

 

 

 

 


第話

2017/00/00

 

 

 

 


[86] [87] [88] [89]  [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105]

[106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125]

[126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143]