トップ>俊のつぶやき

 


Photo by Katsue Yamamoto

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15]

[16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30]

[31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45]

[46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65]

[66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85]

【更新情報】2008.12.26) 第296話〜第299話を追加しました。

第41話

〜 遅い初雪 〜

2005/11/15


 網走の方も、ようやく初雪が降りましたが例年より二十日ほど遅く、記録となりました。

 と言うことで、私のCDも当初の予定は11月上旬の完成でしたが二十日ほど遅れ今月下旬には発売予定となります〜♪♪♪


 

 

 

 

第42話

〜 誕生日 A 〜

2005/11/20


 今日は同居人の誕生日である。

 市内4条通り空き店舗で「屋台村」を開催していたので、昼食をかねて行ってみた、帰りには「なると」の若鶏のから揚げを買ってきた。

 夕方、帰宅しホラとから揚げを渡した。
 私は誕生日だからといったら、実は彼女も 「屋台村」 に行ったが、から揚げはもう売り切れで買えなかったと言い機嫌よく食べてくれた。

 私も、機嫌よく酒を飲みに夜の街えと一人でかけ午前様で帰宅し、今、投稿をしています。

 今年も、遅れたら問題になるので数日前にカルイモノ「現金」を渡しました・・・ おめでとう!

         

 

 

 

 

 

第43話

〜 わかさぎの佃煮 〜

2005/11/25

 今年もNさんから旬のたより、わかさぎの佃煮を頂きました。

 早速、夕食の一品としていただき、同居人は摘みながらこれってカロリー高いよねと言いつつ口に運びらがら今年はわかさぎが
不漁と聞いていたが旦那さん釣り名人なのねと感心をしていた・・・









 

 

 

 

 

第44話

〜 雪の砂漠 〜

2005/12/07


 南の国、石垣島ケーナコンサート>>>

今日、庁舎ロビーにて写真作品が展示されその中に石垣島の作品が目にとまり、よりいっそう皆様の盛り上がり感動が目に浮かび河辺ケーナも熱く燃えた事でしょう。

 参加できず残念に思います。

 網走も雪が降り、あたり一面雪景色となり根雪になるでしょう。

    「メルヘンの丘から」
  @ Amazing Grace・・・・・・・
  A 知床旅情・・・・・・・・・・・
  B 花・・・・・・・・・・・・・・・・・
  C シルクロードのテーマ・・
  D ふるさと・・・・・・・・・・・・
  E サン・トワ・マミー・・・・・・
  F 涙そうそう・・・・・・・・・・・
  G アルハンブラの思い出・・
  H おぼろ月夜・・・・・・・・・・
  I Let it be・・・・・・・・・・・・
  J 川の流れのように・・・・・

   12月20日発売になります!


 

 

 

 

 

第45話

〜 ザ・プラターズ 〜

2005/12/18


 15日網走にザ・プラターズがやってきた。

 前売り券は3日ほどで完売したそうだ、私も知人に頼み前売り券を2枚手に入れ同居人と早めに会場に行き中ほどの椅子を取った。

 オンリー・ユー、煙が目にしみる、スタンド・バイ・ミーが同居人はお気に入りらしい。

 さすが、世界中を魅了させた地球上で最も美しいコーラスと言われただけに本当にすばらしい公演で久しぶりに癒されました。



 

 

 

 



 

第46話

〜 明けましておめでとう  〜

2006/01/01

20052006になりました!

 知昨年はあまり良い年でなかった人、そして良かった人マアそこそこの年で終わった人も今年も良い年でありますように<<<

今年も又うれしかった事、楽しかった事、耳よりな情報を聞かしたください。
 昨年同様けして中傷はないよう楽しい広場であるよう、お願いします。



                         管 理 者 

 

 

 

 

 

第47話

〜 初 ボ ラ 〜 

2006/01/01

 

 
 元旦 早々に市内某病院にて、ボランティアコンサートを行わせてもらった。

 元旦に行うのはこれで2回目である、院内は改築中でフロアーが狭く患者さん達の中に入って演奏をしたので会話がし易く自分としては楽しいコンサートとなった、何回か演奏しているため、ケーナはほとんどの患者さんたちは知っていると看護師は教えてくれた。

 演奏中に患者さんも一緒に歌をうたい中には足でリズムとっていたり、リクエストをする人もいて久ぶりに楽しいコンサートとなった。

 また、来るからね!!といい病院を後にした。






 

 

第48話

〜 慰問 〜

2006/01/21

 午後から、天都山の中腹にあるグループホーム「いこい」にコンサートに出かけた。

 外は、見晴らしがよくオホーツク海、知床連邦が一望に見える所でした、また施設の中はゆったりとし演奏がしやすかった。

 息子にサポートしてもらい、コンサートもスムーズに終わりその後入居者の人達と一緒にホットケーキをご馳走になりながら音楽の話をし会話が弾み、また来るからネと言いホームを後にした


 

 

 

 

 

 

第49話

〜 枕 (まくら) 〜

2006/02/04

 昨年12月の中に実母の米寿、義父の喜寿と重なり兄弟家族で、ささやかなお祝いをすることになった。

 当日、ホテルで久ぶりに身内が集まり和やかとなり、同居人は姉に私枕が変わると寝つきが悪いからと自前の枕を持ってきたのと姉に言うとアラ私も持ってきたのと言い、いつものごとく休む事無く話しに夢中である。

 ささやかな、お祝い会を終わり各自部屋にもどり、私たち夫婦そして息子と三人で寝ることになり同居人は早速に自前の枕を出し布団に入った、30分もすると同居人は、いつものようにイビキをかき出した・・・

 彼女は、枕を持って行くと言ったときに私は内心持っていってほしくはなかった、でも言えなかった・・・
あんのじょう同居人は普段と変わらない生活環境の中に入ってしまった。

 当然、息子と私は寝不足となった、この人もきっと長寿予備軍なんだろうなア・・・





 

 

 

 

 

 

第50話

〜 天才モーツアルト 〜

2006/03/05

 

 昼飯を食べながら、テレビを見ていたらモーツアルトが今年で誕生250年と言うことで特集をしていた。

俺   :ヘエ〜3歳で作曲をしたんだ、すごいもんだ
同居人 :・・・
俺   :俺なんか記号すら解らないのに、
同居人 :だから天才なんでしよ(事もなげに)
俺   :・・・・・ 

 

 

 

 

 


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15]

[16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30]

[31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45]

[46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65]

[66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85]