Photo by Katsue Yamamoto
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13][14] [15]

[16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30]

[31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45]

[46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65]

[66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85]

【更新情報】(2008.12.26) 第296話〜第299話を追加しました。

第21話
〜 道立オホーツク公園 A 〜
2005/07/20


  7月16日この日は、とにかく暑い日であった。
かねてより、予定をしていたイベントの日でした。会場は、「てんとらんどセンタ−ロッジ前」。
当日は、朝早くからボランテアの方たちがそれぞれ自分の持ち場の準備を手際よくこなしてくれていました。

今回、道立公園と云う事で網走支庁の方達が応援をしてくれました。招待は地域の老人クラブというので趣味である手打ちそばを皆さんに食べてもらいたいと朝早くから準備し、150食分を作ってもらい、暑い中、大型ガスコンロが3台であり大変だったと思う。その他に網走市役所、福祉活動センタ−の個人ボランテア、陶芸(虹の会)、そば切り温と総勢22人の人に参加をしていただいた。
会場からは、オホ−ツク海と知床連峰が一望でき、おりしも知床の世界自然遺産に登録を祝うようでもあった。

とにかく暑かったと思うが、真夏の思い出として熱く記憶に留めてほしい・・・

 

     

 

第22話
〜 手打ちソバ B 〜
2005/07/21


   〜葦笛のひびき、蕎麦のかおり〜コンサートにて

当日は、網走支庁10名、網走市役所2名のそば打ち研究会の人たちが実演し150食分作って頂いた。
そばは、お世辞抜きでとても美味しかった。地元老人クラブそして一般の人たちは、何人もお代わりし大満足でした。

まず、そば粉が挽き立てで香りがあり練り始めてから仕上がり(切り方、あげ方、水しめ方)絶妙のタイミングではないかと思う。めんは柔らかすぎず硬すぎず、最高の食感を感じ取ることができた。

同居人には、男は料理をしても洗い物は苦手だからお前達が洗い役をしてくれと頼んでいたが私の思い違いでした。
驚いたことには、まず作業中には衣服、作業場を汚していない。EさんやOさんなどは、そば打ちのコスチューム(服装)がすばらしい。私は一瞬唖然としたがこれがまた堂に入っている。また常に衛生には気配りし最後の極め付きは後片付けである大小の道具、練り台、なべ、ザルまですべて洗っていた。私にとっては、これほど作法を重んじる趣味はあまり見たことがないので私自身恥ずかしくもなった。今回見習うことが多数あったような気がした。

 

     

 

第23話
〜 イオル 〜
2005/08/06


  昨日、帯広市役所ロビーにて先住民族(アイヌ)の伝統工芸の刺しゅうの実演を行っていました。
T委員長、あの方達と会話の中で教えられました。
イオル、という言葉ですが人間が生活を営むことのできる生活空間だそうです。
ですから、あらゆる自然の恵みを必要以上には採取しないそうです。

自分たちの企業も一度原点に戻り考え直せと教えられたような気がした。

 

     

 

第24話
〜 耳 譜 〜
2005/08/13


 私は、曲を覚えるときは原曲を何回も聴いて覚えることにしています。原曲と一緒にしたいのですがついていけません。ですから、連譜の部分はけっこう音を落としていると思います。
プロのコピーになっても面白くないな〜とも思っています。
師匠の河辺晃吉氏は私の技量を知っているので、いつも俊ちゃんの好きなようにやれと言ってくれます。
そして好きなようにやり、基礎から練習をしている上級者のかたにひんしゅくをかっています。

ですが、せめて音だけは心に残るよう追求してます。

 

     

 

第25話
〜 会釈 A 〜
2005/08/21

 今日は、フリーマーケット開催の日、昨日から天候が悪く予報どうり雨になりました。
昨年よりも雨のため人の集まりが少なかったが、今年は野菜店や生花が出店したので私はいくらか心が和んだ様な気がした。

 午後からは、社会福祉大会に出席をした。会場に着くと、大半の人たちが集まっていた。席に着いてプログラムを見ると今年の功労者表彰名が載っていた。その中に以前この掲示板に記載したMさんの名前が載っていた。
手話の会代表で長年ろうあ者の人たちと交流をしていることが表彰の対象になった。

私だけでなく、多くの人達がMさんを評価しているのがとても嬉しい。Mさん本当におめでとう!!!
また、すばらしい会釈(笑顔)を期待しています。

 

     

 

第26話
〜 夏だいこん 〜
2005/08/21


  数日前、知り合いのSさん(農業)に会った。大根が採れたから今度、会社に車1台分届けると彼は言った。

 本当に、数百本ほど持ってきた。
職員たちと分けたが、まださばききれないので同居人の陶芸サークルの仲間にもと持って行った。
数本ずつ配り終えたあと、チェルシちゃん(カナダ人)にも2本あげた。もう1本わたすと大きなゼスチャーでNO、NOと言った。たちまち、まわりの人たちが大笑いをした・・・。

 以前話したが、彼女は日本人的な性格だそうです。カナダにも大根があるのかな〜。彼女はゆがいた大根にチソの葉(ジャパニーズハーブ)を巻き、田楽(味噌)にして食べるのが好きらしい。なんとも親しみのわく人である。

 その後、Sさんが地区のお祭りがあるので寄付金をお願いしたいとたずねてきた。結局5万円渡した。なんとも、高価なダイコンであった(笑)

 

     

 

第27話
〜 フォルクローレと朗読ファンタジー 〜
2005/08/28


  久しぶりに、北見まで足をはこびコンサートを聴きに行ってきました。

 友人から連絡がありチャランゴの演奏でした。
吉田徳明さんという人でとてもすばらしい演奏でしかも一人でおこなっていました。

 トークもさわやかで明るい方です、北見には10回目のコンサートだそうです。

     

 

第28話
〜 イオルA 〜
2005/08/30


 今朝、道新を読むと北海道開発予算の概算要求を発表していた。

 生活分野に重点「イオル」再生と大きな活字で記載されていた。
今月のはじめに所要で帯広市役所に行った際にロビーで先住民族の人に初めて「イオル」という言葉の意味を教わったばかりである、アイヌ民族の伝統的生活空間「イオル」の再生を図るためとある。

 予算要求も新規が7項目を占めたという、年々と開発予算も人々の生活の中に密着してきているように思う。

     

 

第29話
〜 ケーナ作り 〜
2005/09/04


 先週、YさんからTELがありケーナが仕上がったので出来具合を見てほしいと連絡が入った。日時を打ち合わせ、わざわざ会社に尋ねてきてくれた。
電話では何回か話をしたことがあるが、実際に本人に会ったのは始めてである。

 さっそく、Yさんは私に真新しいケーナを包みの中から取り出し、吹いてみてほしいと言う。外観はきれいに仕上がり管も乾燥していて見た目より軽く感じた。
吹いてみると、私のような下手なものでも音がスンナリとでた。全体的には音が軽く感じたがそれは好き好きがありよいと思う。ただ驚いたことには器用な人だなと関心をした。

 Yさんは「記念に受け取ってくれ」と言い、そして彼は「これで満足はしていない、もっと良い作品を作る」とも帰って行った。

 数日後、市内の女子高生2人が会社に訪れ演奏会のプログラムを持って来た、私は何げなく名前を尋ねたら、Yですと答えた、エー、もしかしてYさんの娘さんと聞いたら、即座にハイといった、なんと偶然なこと・・・。

     

 

第30話
〜 中だるみ 〜
2005/09/12


 北海道も本州と同じく、まだ残暑が残り台風14号は、こちらではさほど被害はありませんでした。
選挙(衆議院)自民党が圧勝で終わりましたね。

 さて、録音のことですが、今回はどうも集中できなく4月末から始めているのにまだ6曲しか入れていません、あいだをおくとどうもだめですね14日は録音室を予約しているので、2〜3曲入れたいと思います。

 知床世界自然遺産記念コンサート(宗次郎)が網走で開催されるので聴きに行こうと今から楽しみにしています。

 また、録音が遅れそう・・・?


     

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13][14] [15]

[16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30]

[31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45]

[46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65]

[66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85]