〜 北見菊祭り

2012/10/27

 平成24年度 第60回北見菊まつり
 北海道最大級の菊まつり 10月27日(土)ナイターステージにてケーナ演奏をする。

 今年のテーマはNHK大河ドラマ「平清盛」その他物産展や盛り沢山のイベントを毎日10月20日〜11月4日まで開催。

 市観光課・北見観光協会・各団体の主催事業となっている。

 今日は快晴、最高の秋日和となった。会場に入るには時間も早く、同居人と物産展を見て回る。菊販売に目が留まり、仏壇用にと数種類の菊苗を買い求める。

 予定時間となり準備をする。事前に打ち合わせをし稲ちゃんにも来てもらった。いつも稲ちゃんの機材でセットをするが、今日は地元の音響。リハを始めるが何時もとは違いどうも具合が悪い。同居人も稲ちゃんも納得しないまま開演となった。

 演奏を開始したが、音のかえりが悪く歌う演奏とはならなかった。予定時間は1時間であったが、30分少々で切り上げた(汗)。

 会場には大正琴の会主・坂先生が来てくれた。演奏開始直前に小学校1年生時の恩師山田先生が、ステージに向かい手を上げ笑みを浮かべ会場に入って来た。先生には知らせていなかったが偶然にも実行委員事務所で俳句の審査をしていたら、会場からの放送で知ったと話してくれた。嬉しい限りである、先生は80歳を超えているが陸上の審判とやらで忙しいと云う。

 その後私達甥を含め4人で会場内の、焼き肉コーナーに入り焼き肉を食べる。北見は焼き肉店の多い街で名が知れ全道1と聞く。とにかく夏でも冬のシバレ(方言)厳寒期にも外で食べるほどである(笑)。

 市役所観光課の永山さんともう一人の方が、閉店であったが炭をおこして頂き、食べる事ができました。

 イベントでは、どこの街でもの若い人たちが中心となり準備・後片付けと遅くまで動いている。私は来場者の人達がただ催しを見るだけでなく、縁の下の若い人たちも見てやって欲しいと願う。