〜 足寄へ

2012/08/14

 社会福祉法人あしょろ敬愛会 ケアハウス銀河の里あしょろ昨年に続き二回目の慰問コンサートとなる。

 14日、早朝に川湯から足寄に向かう。足寄に入り直接墓地に向かい三軒分お参りし従弟の家に向かう。事前に従弟同士が連絡を取り合っているのか、私が訪れるのを待って好物の赤飯を炊いてもてなしてくれた。ここ足寄は三軒顔を出さなければならないので、1時間ほどでお暇をさせて頂いた。コンサート開演が3時と連絡をしている為に時間に追われ互いの近況話もそこそことなる。

 時間に合わせ会場となるケアハウス銀河の里あしょろにはいる。玄関に入るとホール中央にステージを設置し花を添えてある。同居人もアラッと思わず声を漏らしていた。昨年は叔母に聴かそうと急きょ演奏をしたが、今回は事前に従弟が事務所に連絡を入れてくれたため準備をしてくれたようだ。

 施設長の中山さんにお礼の挨拶を述べ準備にはいる。ここの施設には縁者が二人入居しており会いに来てくれたが、なにせ御歳り懐かしさで話始まると止まらない。その間同居人が話相手となったが、中途半端なリハで開演となる(笑)。

 会場は従弟家族や入居者家族と結構な人数となり、また従弟の孫から花束を受け会場の人達と和気藹々となりコンサートを終了することが出来ました。

 最後に中山様をはじめスタッフ皆様のご配慮に感謝致します。
              有難う御座いました!