〜 きたはなプロジェクト

2011/10/09

 網走開発建設部・網走建設協会オホーツク21世紀を考える会で構成あい北浜地区の法面に花の種を圃場で育て再び法面に移植して原生化を図る。27日移植活動に参加した会員や東京農大生「北浜法面原生花園化推進協議会」約50名でアヤメ・ノコギリソウ・イゾスカシユリなどを植栽したりまた苗床に種まきをした。

 今日は、北西の風が強くオホーツク海は大時化となり海岸縁の法面に風がまともに受け肌寒さでもあった。

 移植の苗は1350本、私は植えきれるかなと心配をしたが、どうやら終わらすことが出来た。今年で3回目で数年もすれば法面に花が咲き、やがて原生花園のよう沢山咲き人々に和ましてくれれば。