〜 小規模多機能型居宅介護事業所
「グレイス」

2011/06/25

 小規模多機能型居宅介護事業所「グレイス」代表 木林節子

 旭川市東光8条7丁目2ー15

 通いサービス・宿泊サービス・訪問サービスを組み合わせ、最後まで自宅で暮らすための支援。

 住宅街をウロウロしながら要約第二会場の「グレイス」に着く。

 私はいきなり、温かい御もてなしを受けた(笑)。それは玄関脇に葦笛奏者・俊さん、おまちしておりました。どうぞお入りくださいとポスターが貼ってあった。介護主任の布重さんが笑顔で迎えてくれました。そして、代表の木林節子さんが駆けつけていただいた。

 代表の木村さん、増築しましたと話し会場に案内してくれた。入ると普通の家と云う感じで、施設と感じない。

 これは代表の思いであろう。入居者の人が我が家と同じように感じてもらいたいとの願かなと思った。演奏準備をしていると、スタッフの女性が私にリクエストをしたいと話した。是非「アメージング・グレイス」を演奏して欲しいと言った。今回の演奏曲目には入ってはいないのでチョット戸惑った。ここは富良野に近いのでオープニング曲は「北の国から」と決めていたが、ハッと気が付いた。ここは「グレイス」なのだ。私はハイ分かりましたと「アメージング・グレイス」から演奏を始めた。ここは、網走と同じでスタッフ・代表が素晴らしく乗りが良い。初めて来たとは思えない程乗ってくれた。会場を見渡すと、家族の人達や近所のお年寄りの人達も足を運んでくれたようだ。

 これも此処の代表木林さんの人柄だと感じました。演奏も終え私はプレゼントをいただき、手作りのケーキを食べながら数分お茶をし会場を後にし第三会場に向かった。