大曲湖畔園地での環境植樹

2010/10/24

 大曲湖畔園地にて、地域社会貢献の一環として昨年から「環境植樹」に取り組んでいる。

 森林育成ゾーン「アドプト・ポログラム(市の里親制度)として毎年継続して植樹と下草刈などの管理を行う。

 20日早朝8時、市商工課担当課長外2名からの説明を受け作業開始となった。昨年とは違い今日は好天で秋晴れとなった。参加従業員は半数ほどで他の従業員は業務についている。女性は早朝の為、自主参加と告げたが参加者が少ないのを知ってか集まってくれた。

 約1m前後のヤチダモ・ミズナラ・かつら・アカエゾマツなど広・針葉樹11種類の苗木70本を植える。作業は誰指示する事もなく、それぞれが穴を掘る者・苗木を運ぶ者・植える者と各々の技量に合わせスムーズムに作業が進み終了をした。あまりの早さに市職員は驚いていた。

 素晴らしい秋晴れで小春日和の陽気の中での作業をしたせいか、体も程よく温まり心地よい気分となった。私はこの空間から直に去るのが惜しくなり、周りの山・川・湖に染まる紅葉を眺め、この身近な秋に触れる事ができた。