郊外にでる

2010/10/10

 大空町東藻琴「グループホームひがしもこと」に訪問し慰問コンサートを行なう。

 今日は天気予報通り、朝から雨模様となっている。先週同様、今回も前日に連絡し訪問となった。このホームは今年2月に訪問して以来である。会場に着くと、オーナーの奥さんが出迎えてくれた。施設長が休日の為、我々が急きょ訪問となり奥さんが出勤したと、後で話してくれた。

 会場内の掲示板を見ると、2月に訪問した時の模様を写真入でポスターとして掲示していた。有り難いことである。

 準備も終わり、奥さんに紹介を受け演奏を始めた。施設は田園に囲まれ、とてものどかで癒される。演奏・トークを交え1時間少々を費やした。今回もスタッフの方達が盛り上げて頂き楽しい演奏会となり又、入居者の中には元詩吟の先生がおり声の通る声で演奏に合わせ歌を歌ってくれた。

 演奏も終了しスタッフ、入居者の方たちに別れの挨拶をしたら入居者の一人は、暇なのだから又おいでと私に言った。

 私は思わず笑った。トークの時に本業の方は暇だと話していたのを聞いて言ったらしい(笑)。

 網走に着き、市内にて同居人と食事をし、ささやかな慰労会をした。

 今日は郊外に出、のどかな一日となった。