夜の川湯たんけん

2010/08/14

 8月14日 川湯エコミュージアムセンターにて夜間コンサートに出演する。

 川湯エコミュージアムセンターとは・・・・

 川湯は火山がつくった大地の上に街があり、街のすぐ側には天然の森や湖が広がり、さまざまな野生生物が暮らしています。いわば、地域全体が自然や人々の生活がつくり出したミュージアム(博物館)なのです。川湯の森の中にたたずむ川湯エコミュージアムセンターはこのような川湯の自然や歴史・文化を皆さんとつなぎ、そこへ誘う玄関口です。

 もことやま山荘のマスターの紹介で、今回川湯にてコンサート出演となる。開演が夜8時からなので、終了後網走に戻ると12時くらいになるので宿泊する事にした。翌日は足寄にてお墓参りとなるので。

 今日も真夏日となり、兎に角暑い。早めに会場に入り、スタッフの方達と挨拶を交わし演奏会場の打ち合わせを行い準備に入る。

 入場者はホテルに泊まっている観光客で、何人集まってくれるのか、主催者側も今回初めてのイベントなので実績がなく数字がつかめないと話してくれた。私は、3人・5人でも構わない、やるからには一生懸命演奏をする覚悟で居た。時間が近ずくに従い、観光客がホテルの浴衣を着て集まりだした。2・30人程の席を用意したが足りずに椅子を増やしていた。

私は椅子が増えるごとに演奏にも気合が入り、熱い真夏の夜のコンサートとなった。