クリスマス慰問コンサー ト〜

2009/12/20

 網走愛育会ケアハウス「ハーモニーヴィレッジ」に訪問。今回はチョット早いクリスマス慰問コンサートを開催した。
 準備万端で、サンタ役のF君がプレゼントを私の家により会場まで運んでくれた。又、A君は東藻琴に行き予約をしていた「お焼き」を取りに行く。

 私も会場に入り演奏準備をしていると、ストックが私を見つけ飛びついてきた。無論N穣がやって来た。彼女は法事に出席し会食には参加しないで会場に駆けつけてくれた。

 これで、役者が揃ったサンタ役のF君とストック(犬)、司会とトナカイ役のN穣とA君、そして奏者の私である。

 早速開演となり、数曲演奏し会場の人たちにささやかながらプレゼントを配った。今回のテーマは、コンサート終了後に「お焼き」を食べながら入居者の人たちと語り触れ合う事と職員と打ち合わせた。

 サンタ(ストック)は、やはり主役となり演奏中は楽器台に上がり、静かに演奏を聴きとてもお利口さんで人目を引いていた(笑)。

 会話中にスタッフの人が何か聞きたいことは無いですかと呼びかけていた。質問はケーナの話となり、竹は何処のですかと尋ねられ、これは「大分のめん竹工房」で製作を全て依頼していると話した。
 ついでに、竹工芸が盛んで岡城と滝廉太郎、荒城の月のウンチクまで言ってしまった。

 何はともあれ、今日は職員と楽しい慰問コンサートをさせて頂いた。参加をしてくれたストック、そして職員の皆様ご苦労様でした。