「鎮魂歌」

2007/08/17

 「8月15日を忘れない!」

 1945年8月15日敗戦の日。当日、エコーホールで写真を展示し沖縄戦の戦跡を説明し、又、女性であるKさんが自ら、当時の戦争の体験を話し、終わりに孫達に同じ思いをさせないためにも、命の限り平和を訴え続けますと語った。

 今回、網走九条の会が主催し、写真展とつどいを開催した。私は、会の方から依頼をうけ、正午12時に「戦争の犠牲となった、すべての人々に」黙祷を捧げた後、レクイエム「鎮魂歌」として、ケーナ演奏を行なった。

 私にとっては、とても貴重な経験をさせていただいた。